神は最後に真理をもつ人を得る

終わりの日に生まれたのはどのような人ですか。それは数千年にわたるサタンの堕落を経て、もはや人間らしさを持たないほど深く堕落しきった人々です。しかし神の言葉による裁き、刑罰、暴露を経験し、征服されたあと、彼らは最終的に神の言葉の中から真理を獲得して、神によって心から確信します。彼らは神についての認識に達し、完全に神に従い、神の心を満足させることができます。最後には、神の経営(救いの)計画を通じて得られた人々の集団は、このような人間になるのです。経営計画全体を通じて得られる人々は、神の心を理解でき、神から真理を得て、神が求めるいのちと人間らしさを自分のものとした人々の集団です。

人間は最初に創られたとき、人間らしく見えていのちをもつだけでした。しかし、彼らが得ることを神が求め、かつ望んでいたような人間らしさは、彼らの中にはありませんでした。最終的に得られる人々の集団は最後に残る人たちであり、また神が求める人々、神が満足している人々、そして神を満足させる人々です。数千年間にわたる経営(救いの)計画の中で、これらの人々はさらに多くのものを得たが、それは神による潤しから生じ、サタンとの戦いによって彼らに施されたものです。この集団の人々は、神がはじめに創った者たちよりも優れています。彼らは堕落を経験しているが、それは避けられないことであり、神の経営(救いの)計画の範囲内のことです。それは神の全能と知恵、そして神が采配し、計画し、達成したすべてのものが最も優れていることを十分明らかにします。

『キリストの言葉の記録』の「神の全能性を知ることでのみ、真の信仰を持つことができる」より編集

前へ: 病気の始まりは神の愛

次へ: 刑罰と裁きのペテロの認識

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索