受肉した神は全宇宙の働きをする

1.裁きの働きは代表によるもので、特に誰かのために行うものではない。そうではなくて、この働きでは、一群の人々が人類を代表して裁きを受けるのである。受肉した神が自ら一群の人々に働きかけ、全人類に施す働きを代理的に行うと、その後、それが徐々に広まる。裁きの働きも、そのように行われる。神は特定の人や特定の人の集団を裁くのではなく、全人類の不義を裁く。裁かれるのは人間の神への敵対の本質であって、この働きは終わりの日の征服の働きである。

2.人間が証しする受肉した神の働きと言葉は、終わりの日に大きな白い玉座の前での裁きの働きであり、これは過去に人間が考えたものである。今、受肉した神が行っている働きは、まさに、大きな白い玉座の前での裁きである。今日の受肉した神は、終わりの日にすべての人間を裁く神である。この肉体と神の働き、言葉、そしてすべての性質が神の総体である。神の肉の働きの規模は限られているし、直接全宇宙に関わるものではないが、裁きの働きの本質は、全人類への直接の裁きである。これは、中国に対してのみ行われるものではなく、少数の人々にだけ下るものでもない。

3.受肉した神の働きの間、この働きの範囲は全宇宙に及びはしないが、全宇宙への働きを代表し、受肉した体の作業範囲の働きを終えた後、神は直ちにこの働きを全宇宙に広める。イエスの福音がそのよみがえりと昇天の後で全宇宙に広まったように。それが霊の働きであろうと、肉の働きであろうと、限られた範囲だけにおいて実行される働きではなく、全宇宙への働きを代表するものなのである。


『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 神の言葉による裁きは人を救うため

次へ: 神の裁きは神の義と聖さを明らかにする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神の愛

この人の海の中で 神が終わりの日に肉となるのを 誰が知っていようか 神は教会を巡って話し 神の働きをされる 静かに真理を表しながら 神は謙り隠れている 神は大きな屈辱に耐える ああ神よ あなたは肉となられ 人類を救うため 多くの苦難を味わわれた なぜ人類は あなたを否定し拒絶する…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索