終わりの日の受肉の神はおもに言葉の業を為す

終わりの日

受肉の神は惠みの時代を終わらせ

人を照らし 完全にする言葉を語る

神について曖昧な観念を

人の心から取り除く言葉を

イエスは異なる働きをした

奇跡を行い病人を癒した

天の国の福音を告げた

全ての人を贖うため十字架にかけられた

ゆえに人は神は常にそうだろうと考えた

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

終わりの日 受肉の神は

神についての曖昧な観念を

人の心から取り除く

神は言葉と業を通して

全ての人々の間で働く

曖昧な神を信じないよう

人が現実の神を知るように

肉となった神の言葉を通し

神は人を完成させて

全てを成就する

これは終わりの日に神が達成する成し遂げる業

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

肉となった神は言葉だけを話す

それは彼の地上での働き

彼の言葉で神の全てを見ることができる 

神は力強く謙遜で至高の方である

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る 

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする

次へ: 神の働きは言葉を通して成し遂げられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索