終わりの日の受肉の神はおもに言葉の業を為す

終わりの日

受肉の神は惠みの時代を終わらせ

人を照らし 完全にする言葉を語る

神について曖昧な観念を

人の心から取り除く言葉を

イエスは異なる働きをした

奇跡を行い病人を癒した

天の国の福音を告げた

全ての人を贖うため十字架にかけられた

ゆえに人は神は常にそうだろうと考えた

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

終わりの日 受肉の神は

神についての曖昧な観念を

人の心から取り除く

神は言葉と業を通して

全ての人々の間で働く

曖昧な神を信じないよう

人が現実の神を知るように

肉となった神の言葉を通し

神は人を完成させて

全てを成就する

これは終わりの日に神が達成する成し遂げる業

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

肉となった神は言葉だけを話す

それは彼の地上での働き

彼の言葉で神の全てを見ることができる 

神は力強く謙遜で至高の方である

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る 

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする

次へ: 神の働きは言葉を通して成し遂げられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索