88 終わりの日の受肉の神はおもに言葉の業を為す

1

終わりの日

受肉の神は惠みの時代を終わらせ

人を照らし 完全にする言葉を語る

神について曖昧な観念を

人の心から取り除く言葉を

イエスは異なる働きをした

奇跡を行い病人を癒した

天の国の福音を告げた

全ての人を贖うため十字架にかけられた

ゆえに人は神は常にそうだろうと考えた

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

2

終わりの日 受肉の神は

神についての曖昧な観念を

人の心から取り除く

神は言葉と業を通して

全ての人々の間で働く

曖昧な神を信じないよう

人が現実の神を知るように

肉となった神の言葉を通し

神は人を完成させて

全てを成就する

これは終わりの日に神が達成する成し遂げる業

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

肉となった神は言葉だけを話す

それは彼の地上での働き

彼の言葉で神の全てを見ることができる

神は力強く謙遜で至高の方である

終わりの日 受肉の神は

全てを言葉で成就し啓示する

彼の言葉の中にあなたは見る

彼が何者であるのかを

そう 神であることを

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 87 終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする

次へ: 89 神の働きは言葉を通して成し遂げられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索