受肉した神は救いの働きによりふさわしい

今日の受肉した神は、

終わりの日に全人類を裁く神である。

直接裁かれるのは、サタンの霊ではなく

堕落した肉を持つ人間なので、

裁きの働きは霊の世界ではなく

人間の中で行われる。人間の中で行われる。

もし神の霊がこの働きをしていたら、

裁きはそれほど完全にはならないし、

人間が受け入れるのも難しいだろう。

人間は霊を直接見ることができないからだ。

だから、効果はそれほど早くは見られず、

神の侵しがたい性質をより明瞭に見ることは、

より難しいだろう。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神が人間を裁いてこそ

サタンを打ち負かすことができる。

彼は普通の人間性をもっているが、

人間の不義を裁くことができる。

このことは、彼が聖く、人と異なることを示している。

神だけが人間を裁くことができる。

神が真理と義を持っているからだ。

真理と義がない者は、他人を裁くにはふさわしくない。

人間の観念と反抗を裁く上で

神は人間の不従順をあらわにする。

肉における彼の働きの成果は、

霊の働きよりも明らかである。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神は、人の目に見え、人間を征服することができる。

人間は、敵対から従順、迫害から受容、

観念から認識、

拒否から愛へと変わる。

これらが肉となった神の働きの成果である。

人間は彼の裁きを受け入れることによって救われ、

その言葉によって徐々に彼を知り、

彼に敵対しているうちに征服される。

そして人間は、彼の刑罰を受け入れながら、

彼が与えるいのちの糧を得る。

このすべての働きは、肉となった神が行うことであり、

霊としての神の働きではない。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

全人類の裁きを実行するのは、

神の霊ではなく、受肉した神だ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 人類には神の二度の受肉が必要だ

次へ: その業を為すために神は肉とならなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索