受肉した神は救いの働きによりふさわしい


今日の受肉した神は、

終わりの日に全人類を裁く神である。


直接裁かれるのは、サタンの霊ではなく

堕落した肉を持つ人間なので、

裁きの働きは霊の世界ではなく

人間の中で行われる。人間の中で行われる。

もし神の霊がこの働きをしていたら、

裁きはそれほど完全にはならないし、

人間が受け入れるのも難しいだろう。

人間は霊を直接見ることができないからだ。


だから、効果はそれほど早くは見られず、

神の侵しがたい性質をより明瞭に見ることは、

より難しいだろう。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。


受肉した神が人間を裁いてこそ

サタンを打ち負かすことができる。

彼は普通の人間性をもっているが、

人間の不義を裁くことができる。

このことは、彼が聖く、人と異なることを示している。

神だけが人間を裁くことができる。

神が真理と義を持っているからだ。

真理と義がない者は、他人を裁くにはふさわしくない。


人間の観念と反抗を裁く上で

神は人間の不従順をあらわにする。

肉における彼の働きの成果は、

霊の働きよりも明らかである。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神は、人の目に見え、人間を征服することができる。

人間は、敵対から従順、迫害から受容、

観念から認識、

拒否から愛へと変わる。

これらが肉となった神の働きの成果である。

人間は彼の裁きを受け入れることによって救われ、

その言葉によって徐々に彼を知り、

彼に敵対しているうちに征服される。


そして人間は、彼の刑罰を受け入れながら、

彼が与えるいのちの糧を得る。

このすべての働きは、肉となった神が行うことであり、

霊としての神の働きではない。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。


全人類の裁きを実行するのは、

神の霊ではなく、受肉した神だ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: その業を為すために神は肉とならなければならない

次へ: 受肉した神のみが人類を救うことができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索