受肉した神は救いの働きによりふさわしい

今日の受肉した神は、

終わりの日に全人類を裁く神である。

直接裁かれるのは、サタンの霊ではなく

堕落した肉を持つ人間なので、

裁きの働きは霊の世界ではなく

人間の中で行われる。人間の中で行われる。

もし神の霊がこの働きをしていたら、

裁きはそれほど完全にはならないし、

人間が受け入れるのも難しいだろう。

人間は霊を直接見ることができないからだ。

だから、効果はそれほど早くは見られず、

神の侵しがたい性質をより明瞭に見ることは、

より難しいだろう。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神が人間を裁いてこそ

サタンを打ち負かすことができる。

彼は普通の人間性をもっているが、

人間の不義を裁くことができる。

このことは、彼が聖く、人と異なることを示している。

神だけが人間を裁くことができる。

神が真理と義を持っているからだ。

真理と義がない者は、他人を裁くにはふさわしくない。

人間の観念と反抗を裁く上で

神は人間の不従順をあらわにする。

肉における彼の働きの成果は、

霊の働きよりも明らかである。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神は、人の目に見え、人間を征服することができる。

人間は、敵対から従順、迫害から受容、

観念から認識、

拒否から愛へと変わる。

これらが肉となった神の働きの成果である。

人間は彼の裁きを受け入れることによって救われ、

その言葉によって徐々に彼を知り、

彼に敵対しているうちに征服される。

そして人間は、彼の刑罰を受け入れながら、

彼が与えるいのちの糧を得る。

このすべての働きは、肉となった神が行うことであり、

霊としての神の働きではない。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

全人類の裁きを実行するのは、

神の霊ではなく、受肉した神だ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 人類には神の二度の受肉が必要だ

次へ: その業を為すために神は肉とならなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索