神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

神は全能で実際的、神のことばは全能の力とともに神は権威とともに神が言えば実現する。結果が見える前に神が話すとき、ご自身の全能が現れる。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であることそれぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

律法の時代に起こったこと、神がヨナにニネベへ行くことを命じた時、神が実際的であることがこうして示された。ヨナが拒否すると大魚にのまれ、そこで3日間生きた。生き延びて死ななかった。神がヨナにしたことは、神の全能を示した。神はいつもご自身のわざを示す。ご自身の本質と全てを。

神はふたつの本質を持つ。全能と実際的であることそれは、神のわざのあらゆる段階とご自身がするあらゆることに見ることができる。これが神を知る一つの方法。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であること。それぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある、義と威厳がある、義と威厳がある。

前へ: 神の本質は全能で実際的である

次へ: これが神が救おうとする人類である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の愛

この人の海の中で 神が終わりの日に肉となるのを 誰が知っていようか 神は教会を巡って話し 神の働きをされる 静かに真理を表しながら 神は謙り隠れている 神は大きな屈辱に耐える ああ神よ あなたは肉となられ 人類を救うため 多くの苦難を味わわれた なぜ人類は あなたを否定し拒絶する…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索