神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

神は全能で実際的、神のことばは全能の力とともに神は権威とともに神が言えば実現する。結果が見える前に神が話すとき、ご自身の全能が現れる。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であることそれぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

律法の時代に起こったこと、神がヨナにニネベへ行くことを命じた時、神が実際的であることがこうして示された。ヨナが拒否すると大魚にのまれ、そこで3日間生きた。生き延びて死ななかった。神がヨナにしたことは、神の全能を示した。神はいつもご自身のわざを示す。ご自身の本質と全てを。

神はふたつの本質を持つ。全能と実際的であることそれは、神のわざのあらゆる段階とご自身がするあらゆることに見ることができる。これが神を知る一つの方法。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であること。それぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある、義と威厳がある、義と威厳がある。

前へ: 神の本質は全能で実際的である

次へ: これが神が救おうとする人類である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索