神は万物の支配者

神は万物の支配者

神は万物の源 万物の支配者

神は万物の供給者であり 人は全てを享受する

それが神と人の 大きな違い


人は神が万物に授けるいのちを受け入れるとき、

万物を楽しむ

神の創造の成果を人は享受し

神はその支配者

神には万物の成長パターンがはっきりと見え

その成長パターンを支配し司る

神は万物の支配者

神は万物の源 万物の支配者

神は万物の供給者であり 人は全てを享受する

それが神と人の 大きな違い


万物は神の眼中と観察の範囲内にある

人間には目の前のものしか見えない

それは限られていて 全てを見ることはできない

遠く深いところを 見ることはできない

神は万物の支配者

神は万物の源 万物の支配者

神は万物の供給者であり 人は全てを享受する

それが神と人の 大きな違い

四季の移り変わりと万物の成長を知っていても

人には万物を管理することも司ることもできない

だが神は 自ら作った機械のように万物を見る

各部とその仕組みを

はっきりと知っている

神は神 人は人

人は科学や万物の法則を研究するが

その探求には限界がある

だが神の支配は無限で 全てに及ぶ

神は神 人は人 神のする ささやかな事でさえ

一生かけても 人には

全ては理解できない

神は万物の支配者

神は万物の源 万物の支配者

神は万物の供給者であり 人は全てを享受する

それが神と人の 大きな違い


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 8」より編集

前へ: 神は人類に種類ごとに適切な采配をする

次へ: 人類が永遠の終着点に入るとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索