神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される

神の働きを起こすのも、完了させるのも神である

その全ての働きを 計画するのは神であり 

それを営むのもそれを 成就させるのも神である

それについて 聖書にはこう 書かれている・・

書かれている

「神は始めであり・・神は終わりでもある 

神は種を蒔くものであり・・

収穫するものでもある」

全ては人々を救う 神の働きと関係していて

神の手によって行われる

神の手によって・・


神は六千年に及ぶ 救いの計画の 支配者で

神に代わってその働きを 遂げられるものは誰もいない

これらの神の働きを 完結出来るものはいない

何故なら全てを支配しているのは 神自身だからである

この世界を 創造したのは 神である・・神である

神は全世界が 神の光の中で

生きるように導いてゆく・・そう神の光の中で

そして神は全ての 時代を終わりにし

神が計画した 全ての事を成就させる

神の手によって

神の手によって


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(1)」より編集

前へ: 神の三段階の働きの内なる真実

次へ: 神は始まりであり、終わりである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索