神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される

神の働きを起こすのも、完了させるのも神である

その全ての働きを 計画するのは神であり 

それを営むのもそれを 成就させるのも神である

それについて 聖書にはこう 書かれている・・

書かれている

「神は始めであり・・神は終わりでもある 

神は種を蒔くものであり・・

収穫するものでもある」

全ては人々を救う 神の働きと関係していて

神の手によって行われる

神の手によって・・


神は六千年に及ぶ 救いの計画の 支配者で

神に代わってその働きを 遂げられるものは誰もいない

これらの神の働きを 完結出来るものはいない

何故なら全てを支配しているのは 神自身だからである

この世界を 創造したのは 神である・・神である

神は全世界が 神の光の中で

生きるように導いてゆく・・そう神の光の中で

そして神は全ての 時代を終わりにし

神が計画した 全ての事を成就させる

神の手によって

神の手によって


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(1)」より編集

前へ: 時代が変われば神の業も変わる

次へ: 神の賞賛を得るために聖霊の新しい働きに従いなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索