神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される

神の働きを起こすのも、完了させるのも神である

その全ての働きを 計画するのは神であり 

それを営むのもそれを 成就させるのも神である

それについて 聖書にはこう 書かれている・・

書かれている

「神は始めであり・・神は終わりでもある 

神は種を蒔くものであり・・

収穫するものでもある」

全ては人々を救う 神の働きと関係していて

神の手によって行われる

神の手によって・・

神は六千年に及ぶ 救いの計画の 支配者で

神に代わってその働きを 遂げられるものは誰もいない

これらの神の働きを 完結出来るものはいない

何故なら全てを支配しているのは 神自身だからである

この世界を 創造したのは 神である・・神である

神は全世界が 神の光の中で

生きるように導いてゆく・・そう神の光の中で

そして神は全ての 時代を終わりにし

神が計画した 全ての事を成就させる

神の手によって

神の手によって

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(1)」より編集

前へ: 神の三段階の働きの内なる真実

次へ: 神は始まりであり、終わりである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索