終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること

それがもたらす変化は

かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや

不思議な業よりも大きい

その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが

人の中には堕落した性質が残った

病気を癒され罪を赦されたのに

悪魔的性質を追い出す業は

まだ成し遂げられていなかった

信仰と受肉と贖いを通し

罪は赦されたが

人の罪深い本性は残り、罪で溢れている

どんなにもがいても 人は分からない

どうやって罪と悪の性質を捨て完全にされるか

それは人が堕落したままだから

人は救い出され、罪を捨て変わるべきだ

それにはいのちの成長への道と

性質の変化、知る必要がある

神が定めた道により 行動すれば

性質は変わり 光の中生きられ

神の意志と調和して、すべてのことを為すことができる

堕落した性質を捨て 罪から解かれる

罪を断ち切ることでのみ 完全な救い得られる

この段階は意味深くより実りあるもの

「生けることば」は人に直接命を与える

完璧な神の業によって人は全く新しくされる

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より

前へ: 終わりの日のキリストは神の国の時代をもたらした

次へ: 終わりの日のキリストの裁きを受け入れて清められなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索