終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること

それがもたらす変化は

かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや

不思議な業よりも大きい

その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが

人の中には堕落した性質が残った

病気を癒され罪を赦されたのに

悪魔的性質を追い出す業は

まだ成し遂げられていなかった

信仰と受肉と贖いを通し

罪は赦されたが

人の罪深い本性は残り、罪で溢れている


どんなにもがいても 人は分からない

どうやって罪と悪の性質を捨て完全にされるか

それは人が堕落したままだから

人は救い出され、罪を捨て変わるべきだ

それにはいのちの成長への道と

性質の変化、知る必要がある

神が定めた道により 行動すれば

性質は変わり 光の中生きられ

神の意志と調和して、すべてのことを為すことができる

堕落した性質を捨て 罪から解かれる

罪を断ち切ることでのみ 完全な救い得られる

この段階は意味深くより実りあるもの

「生けることば」は人に直接命を与える

完璧な神の業によって人は全く新しくされる


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より

前へ: 征服の働きの内なる意味

次へ: 最終段階の征服は人々を救うため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索