終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること

それがもたらす変化は

かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや

不思議な業よりも大きい

その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが

人の中には堕落した性質が残った

病気を癒され罪を赦されたのに

悪魔的性質を追い出す業は

まだ成し遂げられていなかった

信仰と受肉と贖いを通し

罪は赦されたが

人の罪深い本性は残り、罪で溢れている


どんなにもがいても 人は分からない

どうやって罪と悪の性質を捨て完全にされるか

それは人が堕落したままだから

人は救い出され、罪を捨て変わるべきだ

それにはいのちの成長への道と

性質の変化、知る必要がある

神が定めた道により 行動すれば

性質は変わり 光の中生きられ

神の意志と調和して、すべてのことを為すことができる

堕落した性質を捨て 罪から解かれる

罪を断ち切ることでのみ 完全な救い得られる

この段階は意味深くより実りあるもの

「生けることば」は人に直接命を与える

完璧な神の業によって人は全く新しくされる


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より

前へ: 終わりの日のキリストは神の国の時代をもたらした

次へ: 終わりの日のキリストの裁きを受け入れて清められなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索