神は神の国で王権を振るう

神は神の国で治め、宇宙を統べ治める

神は神の国の王、宇宙の頭

今より先、神は集める

選ばれてない者たちを

今より先、神は働く

異邦人の中で

全宇宙に神は告げる

行政命令を次の働きを順調に進めていくために


今より神は、刑罰により

異邦人に業を広める

今より神は、選民の中で働く間

異邦人に武力を使う

神の民が権力をふるう時

地の全ては征服され

安息した神が現れる

神は神の国で治め、宇宙を統べ治める

神は神の国の王、宇宙の頭

神は聖なる国に現れ

汚れた地から隠れる

征服され従う者は

神の顔を見られる

その目で神を見て

その耳で声を聞く

これが終わりの日に生まれし者への神の祝福

神は神の国で治め、宇宙を統べ治める

神は神の国の王、宇宙の頭


神が巻物を開く日は

人々を罰する日

巻物を開くと世界中の人が神の試練に遭い

神の業が頂点に達し

全てのものが光の無い地に住み

その環境に怯えて暮らす

神は神の国で治め、宇宙を統べ治める

神は神の国の王、宇宙の頭

神の日が目前で

誰が恐れないだろうか?

そして喜ばないだろうか?

穢れた都バビロンは終わり

新しい世界が来て

天地の全ては新たになる


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十九章」より編集

前へ: 神の国は人類の間に打ち建てられる

次へ: 七つの雷鳴を放つ方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索