人間に対する神の姿勢


神は決然としてことを為す

神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ

企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ

神の本質には 闇も悪も全くない

人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時

真に悔い改めなければ

神は彼らの上に 怒りを注ぐ

人々が神に背き続けるなら 神の憤りは

彼らが滅ぶまで止まない

これが神の性質なのだ

そう・・神の憐れみや憤りは 

人の行いと 神への態度に 基づいているのだ


神が怒りを燃やし続けるなら

その人の心は間違いなく 神に背いている

神の前にひざまずき・・悔い改め・・

真の信仰を持たないので

彼は神の憐れみも 寛容も得たことがない

人々が神の配慮・・憐れみ・・寛容を受けるなら

その心の中には間違いなく 神への本当の 信仰がある

彼の心は神に反していないし 悔い改めれば

神の懲らしめがあっても 神の怒りは注がれない

そう・・神の憐れみや憤りは 

人の行いと 神への態度に 基づいているのだ

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 神の業の目的と原則は明瞭

次へ: 神は人が心から悔い改めることを望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索