神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある

神は全ての者の運命と全てのことを

思いと望みのままに定め、采配する

それは人の変化によらず

人の意志とも関係ない

また時間や空間や地理など

いかなる変化によっても変わらない

神の権威はまさに神の実質だからだ

神の権威は神だけのもの

人にも場所にも何にも空間にも

決して縛られず制限されない

神の権威はどんな場所、時

どんな瞬間にも存在する

天と地が過ぎ去っても

神の権威はここに留まる

神の支配を知ろうが受け入れようが

神による運命の支配を変えることはできない

神の支配を知っていてもいなくても

その力はなおも存在する

たとえあなたが従わなくても

神はあらゆる方法で支配する

神の権威と、運命への支配は

人の意志や好みや選択によって変わらない

神はあらゆる時に権威を振るい

働き続け 力を示し

万物を支配し、与え、常に指揮する

それは時の始まりから続く

誰も変えられない事実

神の権威は神だけのもの

人にも場所にも何にも空間にも

決して縛られず制限されない

神の権威はどんな場所、時

どんな瞬間にも存在する

天と地が過ぎ去っても

神の権威はここに留まる

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 3」より

前へ: 真に具現化された創造主の権威

次へ: 神の権威は真実で本物

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索