神の本質は無私

最も見落としやすい神の本質と性質の中に、神だけが持つことができるものがある。それは偉大だと思われている人々や良い人と思われている人々、また彼らの想像上の神も持つことができないものである。それは、神が無私であることだ。無私について話すと、あなたは自分もまた非常に無私だと思うかもしれない。なぜなら、自分の子供のことに関して言えば、あなたは子供と取引は決してせず、気前良く与えるからである。あるいは自分の両親のことに関してなら、あなたは自分が非常に無私だと思うかもしれない。あなたがどう考えるかに関わらず、少なくともあなたは「無私」という言葉の意味を理解しており、そしてそれは肯定的であり、無私な人であることはとても立派なことだと考えている。自分が無私であるとき、自分は素晴らしいとあなたは考える。しかし全ての物、人、出来事の中にあって、そして神の業を通して、神が無私であることを見ることのできる人はいない。なぜか。それは、人間があまりに自己中心だからである。

人間は物質的世界に住んでいる。あなたは神に付き従っているかもしれないが、神がどのようにあなたに与え、あなたを愛し、あなたに配慮しているかを見たり理解したりすることはない。あなたはあなたを愛してくれる、あなたを可愛がってくれる肉親を見ている。あなたは自分の肉にとって有益なものに目を留め、自分が愛する人々や愛する物事に心を配る。それが人間の言う無私だ。人間が信じる無私とは、空虚で現実が伴わず、汚れた、神とは相成れないものであり、神とは全く関係がない。神の無私とは神の本質の真の現れである一方、人間の無私というのは自分自身のためのものである。人間が神の与えられるものを常に受けているのは、まさしく神が無私であるゆえである。

あなたがたはわたしが今日話しているテーマにそれほど深く影響されず、単に同意の頷きをしているだけかもしれない。しかしあなたが自分の心の中に神の心を理解しようとすると、あなたはこのような発見をせざるを得ない。この世の全ての人々、出来事、そして物の中にあって、神の無私だけが真実で揺るぎないものであると。なぜなら神のあなたに対する愛だけが無条件で汚れのないものだからである。神以外の全ての者のいわゆる無私は全て偽もので、表面的、そして魂胆があるものである。そこには目的、特定の意図、取引があり、試みに耐えることができない。それは汚れた卑しむべきものだとさえ言える。

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の性質は聖く完璧

次へ: 神の聖なる本質を理解することは極めて重要

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索