神の栄光が東から輝く


神が新たな天と地に入った時に初めて

神は栄光のもう一つを明らかにした

神はまずカナンの地でそれを示した

すると 暗闇の地にかすかな光が輝いた

さあ、みんな光のところに来て

その力から強さを得て

神の栄光が増し

全地に現れるようにしよう

既に神が地に来て

栄光をイスラエルから

東の国へもたらしたことを知らせよう

神の栄光は東から輝き

恵みの時代から今日までもたらされたが

神はイスラエルを発ち

東に着き留まった

稲妻は東から西へ真っ直ぐ閃く

神は西ではなく 東へやって来て

東の国の民にカナンの地をもたらした


東の光が白く変わる時に初めて

地の暗闇は光に変わり始めるだろう

人々は既に神がイスラエルを去って

今回は新たに東に現れると知るだろう

神は以前イスラエルに降臨し

その後その地から立ち去った

しかし神の働きが全宇宙を導くので

神は再びイスラエルに生まれることはできない

生まれることはできない


万人をカナンに連れて行きたいと願っているので

神は全宇宙を支配するため

カナンから語りかける

カナンの地以外に光はなく

彼らがそこに辿り着かない限り

人々は飢えと寒さにさらされる

稲妻は東から西へ真っ直ぐ閃く

神は西ではなく 東へやって来て

東の国の民にカナンの地をもたらした

『言葉は肉において現れる』の「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」より編集

前へ: 神は東方へその栄光をもたらした

次へ: 神は栄光と共に世界の東に現れた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索