神の愛は私の心を包む

義の太陽が東から昇る

神の栄光は天地を満たし

愛しい神の愛が心を包む

真理を求め、神を愛する

朝早く独りで目覚めても

御言葉の黙想は喜びだ

優しい言葉は、愛ある母のよう

裁きの言葉は、父のよう

神の愛は心を包む

全能神は麗しい

私はこの世の何も愛さない

神の愛に包まれ

心から、全能神を愛す

神の愛に包まれ

神を愛する者たちを完全にするため

ご意志が示された

活力ある無邪気な人は皆

神への賛美を捧げる

玉座の周りを跳ねまわる

喜びの踊りは美しい

人々は神の声に呼ばれ

方々から帰って来る

神の愛は心を包む

全能神は麗しい

私はこの世の何も愛さない

神の愛に包まれ

心から、全能神を愛す

神の愛に包まれ

いのちの言葉が授けられ

私たちは裁きにより清められ

精錬により愛は強まる

神の愛は何と甘美か

神の愛は心を包む

全能神は麗しい

私はこの世の何も愛さない

神の愛に包まれ

心から、全能神を愛す

神の愛に包まれ

神の愛が心を包む

あなたの愛が包む

愛する神よ、あなたの愛は

心を私の心を包む

前へ: 愛ゆえに

次へ: 神の愛を得てまことに幸せだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索