人に対する神の愛は真実にして現実である

人類に対する神の愛はおもに、肉となり働くこと、自ら人を救うこと、人と向き合って語り、共に生活すること、少しも離れていないこと、何のふりもしないこと、完全に現実であることに表われます。神は人を救うためには、肉となり、世の人々と共に何年もの苦痛を受けるほどですが、それはみな人類への神の愛と憐みの故です。人に対する神の愛は無条件であり、何の要求もしません。神はその見返りとして人から何を受け取りますか。人は神に対して冷淡です。誰が神を神として扱いますか。人は神を少しも慰めず、神は今日に至るまで人から真の愛を受け取っていないのです。神はただ自らを無にして与え施すだけです。

『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 神の愛と本質にはいつも私欲がない

次へ: 人類への神の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索