人に対する神の愛は真実にして現実である

人類に対する神の愛はおもに、肉となり働くこと、自ら人を救うこと、人と向き合って語り、共に生活すること、少しも離れていないこと、何のふりもしないこと、完全に現実であることに表われます。神は人を救うためには、肉となり、世の人々と共に何年もの苦痛を受けるほどですが、それはみな人類への神の愛と憐みの故です。人に対する神の愛は無条件であり、何の要求もしません。神はその見返りとして人から何を受け取りますか。人は神に対して冷淡です。誰が神を神として扱いますか。人は神を少しも慰めず、神は今日に至るまで人から真の愛を受け取っていないのです。神はただ自らを無にして与え施すだけです。


『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 神の愛と本質にはいつも私欲がない

次へ: 人類への神の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索