860 人に対する神の愛は真実にして現実である

人類に対する神の愛はおもに、肉となり働くこと、自ら人を救うこと、人と向き合って語り、共に生活すること、少しも離れていないこと、何のふりもしないこと、完全に現実であることに表われます。神は人を救うためには、肉となり、世の人々と共に何年もの苦痛を受けるほどですが、それはみな人類への神の愛と憐みの故です。人に対する神の愛は無条件であり、何の要求もしません。神はその見返りとして人から何を受け取りますか。人は神に対して冷淡です。誰が神を神として扱いますか。人は神を少しも慰めず、神は今日に至るまで人から真の愛を受け取っていないのです。神はただ自らを無にして与え施すだけです。

『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 859 神の愛と本質にはいつも私欲がない

次へ: 861 人類への神の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索