神の名が異邦人に広がるであろう

神の裁きは 人を従わせるため

神の懲らしめは 人を正すため

ご意志による御業も

不利益は与えなかった

外の民も等しく 神に従わせ

真の人にするため

それにより 神はイスラエルの外に 足場を固めるだろう

これが神のご計画

多くの民は神のご計画を知らない

将来のみを案じているため

神が何を語ろうとも 明日を案じるだけ

これでは 神の福音を如何に広げうるか

やがて神は我らを散らし 打つだろうと 知らしめる

ヤーウェがイスラエルを撃ったように

福音が異邦の地へと広がるため

全ての民が神の御名をほめたたえるため

やがて神の御業が異邦人に広がるだろう

人は神を全能の神と呼ぶであろう

そして神の御言葉が実現されるであろう

神は全ての民に

神はイスラエルのだけではなく

異邦人の神でもあり

神が呪った民族の神でさえもあることを 知らしめるだろう

これが神の最大の御業

終わりの日に達成される

神の働きのその全て

『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」より編集

前へ: 神の知恵はサタンの策略の上に表される

次へ: 受肉の意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索