神の名が異邦人に広がるであろう

神の裁きは 人を従わせるため

神の懲らしめは 人を正すため

ご意志による御業も

不利益は与えなかった

外の民も等しく 神に従わせ

真の人にするため

それにより 神はイスラエルの外に 足場を固めるだろう

これが神のご計画

多くの民は神のご計画を知らない

将来のみを案じているため

神が何を語ろうとも 明日を案じるだけ

これでは 神の福音を如何に広げうるか

やがて神は我らを散らし 打つだろうと 知らしめる

ヤーウェがイスラエルを撃ったように

福音が異邦の地へと広がるため

全ての民が神の御名をほめたたえるため

やがて神の御業が異邦人に広がるだろう

人は神を全能の神と呼ぶであろう

そして神の御言葉が実現されるであろう

神は全ての民に

神はイスラエルのだけではなく

異邦人の神でもあり

神が呪った民族の神でさえもあることを 知らしめるだろう

これが神の最大の御業

終わりの日に達成される

神の働きのその全て

『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」より編集

前へ: 神の知恵はサタンの策略の上に表される

次へ: 受肉の意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索