神の名が異邦人に広がるであろう


神の裁きは 人を従わせるため

神の懲らしめは 人を正すため

ご意志による御業も

不利益は与えなかった

外の民も等しく 神に従わせ

真の人にするため

それにより 神はイスラエルの外に 足場を固めるだろう

これが神のご計画


多くの民は神のご計画を知らない

将来のみを案じているため

神が何を語ろうとも 明日を案じるだけ

これでは 神の福音を如何に広げうるか

やがて神は我らを散らし 打つだろうと 知らしめる

ヤーウェがイスラエルを撃ったように

福音が異邦の地へと広がるため

全ての民が神の御名をほめたたえるため


やがて神の御業が異邦人に広がるだろう

人は神を全能の神と呼ぶであろう

そして神の御言葉が実現されるであろう

神は全ての民に

神はイスラエルのだけではなく

異邦人の神でもあり

神が呪った民族の神でさえもあることを 知らしめるだろう

これが神の最大の御業

終わりの日に達成される

神の働きのその全て

『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」より編集

前へ: 終わりの日における神の裁きの業の意義

次へ: 神の代わりにその働きをできる者はいない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  神…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索