神が地上で願う唯一のこと

神が今回、肉として来るのは、招きによるもので、人の状態を考えてのことであり、人に必要なものを与えるため。

1 神が来るのは、人それぞれが、どんな素質や教養であっても、神の言葉を見て、その中に神の存在と現れを見るため、そして、言葉により神が与える完全さを受け入れるためだ。神が望むのは、人がその思想と観念を変えること、そうすれば、神の本当の顔が人の心の底にしっかりと植えつけられるだろう。これこそが、神が地上で願う唯一のこと。

2 人の本性がいかに偉大でも、人の本質がいかに貧しくても、神は全く目を留めない。人の過去の行いがどうであれ、神が望むのは、人が心の中の神の姿を一新できること。神が望むのは、人がその思想と観念を変えること、そうすれば、神の本当の顔が人の心の底にしっかりと植えつけられるだろう。これこそが、神が地上で願う唯一のこと。

3 神は人が人間の本質を知るようになり、その見解を変えることを望む。人が神を深く慕い、神に永遠の愛情を抱くことを望む。これが神が人に求めるすべてである。神が望むのは、人がその思想と観念を変えること、そうすれば、神の本当の顔が人の心の底にしっかりと植えつけられるだろう。これこそが、神が地上で願う唯一のこと。

前へ: 神は人がパリサイ人にならないことを望む

次へ: 神の名前は決して変わらないとあえて主張するのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索