神の万物の統治を通して神を知りなさい

ある者の心の中にある神に関する認識の程度により、神がその者の心をどの程度掴んでいるかが決まる。その者が心の中でどれほど神を知っていようと、それがその者の心における神の偉大さである。あなたの知る神が空虚で曖昧な場合、あなたが信じる神もまた空虚で曖昧である。あなたの知る神が、あなたの範囲に限定されている場合、あなたの神は極めて小さい神であり、真の神と何の関係もない。ゆえに、神の実際の業や神の実際、神の全能性、神自身の真の身分、神が所有するものと神そのもの、神が万物において示した事柄を知ることは、神の認識を求める者それぞれにとって、極めて重要である。これらの事柄は、人が真理の現実に入れるか否かに直接関係している。


神に関する認識を、言葉だけに限定した場合、あるいは自分自身の数少ない経験やあなた自身が数えるだけの神の恵み、神への証しだけに限定した場合、あなたが信じる神は、絶対に真の神では無いと言える。また、あなたが信じる神は想像上の神であり、真の神では無いとも言える。それは、真の神は、万物を支配し、万物と共にあり、万物を管理する神であるからである。その神こそが、人類全体と万物の運命を握っている神である。わたしが話をしている神の業は、ごく一部の人々に限定されていない。つまり、そうした業は、現在神に付き従う者に限定されていない。神の業は、万物に、すなわち万物の生存、万物の変化の法則において表されている。


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 9」より編集

前へ: 神の御心は全ての人に開かれている

次へ: 神を知ろうとするには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索