477 神の言葉を行いの基礎としなさい

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

1

喜んで聞ける言葉かどうか

受け入れられる言葉かどうかにかかわらず

真剣に受け止めなくてはならない

あなた方のずさんで無関心な態度が

わたしを悲しませ うんざりさせる

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

2

わたしの言葉を何千回も読み

そらんじられるようになることを

わたしはただひたすらに願っている

そうすればわたしの期待に応えられるが

誰もそのようには生活しない

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

3

あなた方はみな

飲み食いするだけの退廃した暮らしに浸っており

わたしの言葉を用いて

心と魂を豊かにする者はいない

だからわたしは人の真相は裏切りであると結論づける

人はわたしを裏切り

わたしの言葉に忠心を尽くす者はいない

わたしが望むのは

与えるものや労苦を無駄にせず

わたしの心を知り

わたしの言葉を生き方の基礎とすることである

『言葉は肉において現れる』の「極めて深刻な問題――裏切り(1)」より編集

前へ: 476 若者たちが追い求めるべきもの

次へ: 478 神の言葉への接し方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索