神は人の言動を密かに見ている

わたしが人間に富裕を与えるとき、人間はそれを懐で大切にせず、代わりに誰も気が付かない場所に投げ捨てる。わたしの日が人間の上に降りるとき、人間はもはやわたしの富裕を発見することも、随分前にわたしが人間に語った苦い言葉を見つけることもできない。光の明るさを失い、暗闇に陥ったので、人間は泣き叫ぶ。あなたがたが今日見ているのは、わたしの口の鋭利なつるぎに過ぎず、わたしの手にある鞭も、わたしが人間を燃やす炎も見ておらず、そのためにあなたがたはいまだにわたしの面前でも不遜で不節制なのである。そのために、あなたがたはいまだにわたしの家において、わたしが自らの口で語ったことを人間の舌で論駁し、わたしと争うのである。


人間はわたしを恐れず、今日までわたしと敵対し続けながらも、それでもまったく恐れていない。あなたがたの口には不義なる者の舌と歯がある。あなたがたの言動はイブを罪へと誘惑した蛇のもののようで、目に目を、歯には歯を互いに要求しあい、わたしの目前で地位、名声、利益を自分のためにもぎ取ろうと奮闘するものの、わたしが密かにあなたがたの言葉や行いを見張っていることを知らない。あなたがたがわたしの面前に来る以前でさえ、わたしはあなたがたの心の奥底を調べていた。


人間はいつもわたしの手に捕まることを避け、わたしの目の観察を逃れたいのだが、わたしは人間の言動から離れたことはない。代わりに、わたしはそれらの言動をわざとわたしの目に触れさせ、わたしが人間の不義さを懲らしめ、人間の反抗に審判を下せるようにする。このように、人間の密かな言動はかならずわたしの裁きの座の前にあり、わたしの裁きは人間から離れたことがない。なぜなら人間の反抗は過度だからである。わたしの働きは、わたしの霊の面前で発せられ行なわれる人間のあらゆる言葉と行いを燃やし浄化することである。こうすることで、わたしが地上を去るとき、人々はそれでもわたしへの忠実を維持することができ、わたしの聖なるしもべがわたしの働きにおいてするようにわたしに仕え、それによりわたしの地上での働きはその日が完成するまで続くのである。


『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある

」より編集

前へ: 誰が神と一致するのか

次へ: 信仰を軽く扱うとどうなるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すために…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索