神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った

人が神に従っても

逆に人が堕落したとしても

神は人々を見守る 全ての人を見守る

かけがえのない存在として

かけがえのない我が子のように

人々は神にとって おもちゃではない

神は創造主であり 人は神の被造物である

そう言うと神と人との階級が異なるように聞こえるが

神が人々のために行う 全てのことは

お互いの関係を 遥かに超えたものである

神はいつでも 人々を愛し 思いやり

どんな時でも 心を配っているのだ

神は人々に与える 絶えることなく与える

余計なことと思うことなく

賞賛さえも必要とはしない

神は人々を救い その必要を満たして

全てのものを与えることを

大きな貢献だとは思わない

神はただ 神自身のやり方で

神の本質と 性質と神の存在そのもので

静かな沈黙の内に 人々の必要を満たしてくれる

人が神から 多くのものを 授かっても

神は決して 報酬を求めたりしない

それは神の本質によって 定められ

神のその性質に 確かに叶っているのだ

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 人にとって神の愛が如何に重要なことか

次へ: 全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索