213 心から悔い改めたい

1-A

刻一刻と神の栄光の日が近づくのを見て

私の心は悲しみ 心配ばかりが募る

1-B

神に背き 逆らってきたことを振り返り

私の心に自責と不安・・負い目が湧いてくる

1-C

神が私を選んだから 私は神に立ち返り 神の国の祝宴に出た

神は私が進み 守るべき道を教えてくれた

1-C’

神は何度も勧告するが 私は心に留めず

真理を得ていないので 神に顔を向ける資格など私にはない

2-A

何年も神を信じながら 教義を現実とし

懸命に働くことが 真理の実践だと思っていた

2-B

本分でも忠心に欠け 散漫で欺瞞だった

刈り込まれ取り扱われると 自分を正当化した

2-C

神は私が完全になり 真理を得るよう 人々と物事を采配したが

私は従わず (まして)真理を求めることなどなかった

2-C’

私はパリサイ人の道を 頑なに歩み続け 立ち返ることを知らなかった

神に憎まれ暗闇で 死よりもひどい生活を送った

3-D(大サビ)

神の裁きの言葉が 私の心を揺さぶる

麻痺していた心は今目覚め 真理を求めなかった自分を憎む 

3-D’

この日まで生きてきたのは サタンの性質だけだった

神の働きの終わりは近く 神はもうすぐシオンに戻る

(転調) ・・シオンに戻る

3-C

信仰がありながら 神を満足させないのは 実に恥ずべきことである

御言葉を味わう資格はなく 神に負債を負っている

3-C’

この最後の時に神に忠心を捧げられるのは 稀有な賜物である

真理を求め 神の恵みに報いることを決意する

前へ: 212 心からの悔い改め

次へ: 214 神様に仕えることは私たちの幸運

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索