終わりの日のキリストの裁きを受け入れて清められなさい

あなたは終わりの日にイエスが来ると知っているが

どう来るのか?

贖われても完全でない罪人が

神の心に適うのか?

古い自分のまま、イエスに救われ

神の救いにより罪人とされない

罪がないという意味ではない

変わらないのに聖くなれるのか?

第二の受肉は罪の捧げ物でなく

罪から贖われた者を完全に救うため

赦された者が清められ 罪を脱し

性質が変わり サタンから解放され

玉座の前に戻るため

そうしないと人は完全に清められない

穢れに悩み 利己的で卑しいのに

イエスとの降臨を望む

そんな幸運があるか

信仰の一歩をとばし

贖われただけで変わっていない

神の心に適うには

神があなたを変え清めなければならない

第二の受肉は罪の捧げ物でなく

罪から贖われた者を完全に救うため

赦された者が清められ 罪を脱し

性質が変わり サタンから解放され

玉座の前に戻るため

そうしないと人は完全に清められない

贖われただけで聖くなれず

神の祝福を共有できない

人を変え完全にする

神の経営の重要な一歩をとばしたから

贖われた罪人のあなたは

神の嗣業を受けられない

第二の受肉は罪の捧げ物でなく

罪から贖われた者を完全に救うため

赦された者が清められ 罪を脱し

性質が変わり サタンから解放され

玉座の前に戻るため

そうしないと人は完全に清められない

『言葉は肉において現れる』の「呼び名と身分について」より編集

前へ: 終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

次へ: 神の義なる終わりの日の裁きは人類を分類する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索