1003 神がシオンに戻った後

1 わたしがシオンに戻った後も、地上の者たちは過去と同じようにわたしを讃美し続ける。こうした忠実な効力者たちは、わたしに仕えるためにこれまでどおり控えているが、彼らの役割は終わることになる。彼らにできる最善のことは、わたしが地上にいる状況をよく考えてみることだ。その時になると、わたしは災難を被ることになる人々に災害をもたらし始めるが、それでもすべての者がわたしを義なる神だと信じる。わたしは決してそれらの忠実な効力者たちを罰することはなく、ただ彼らにわたしの恵みを受け取らせる。これはわたしが悪を行うすべての者を罰し、善を行う者たちはわたしが授ける物質的な楽しみを受け取るだろう、と言ったとおりだ。それはわたしが義と誠実の神自身であることを示している。

2 わたしはシオンに戻ると、世界各国に目を向け始め、イスラエル人に救いをもたらし、エジプト人を罰する。これがわたしの働きの次の段階である。その時のわたしの働きは、現在の働きとは違ったものになる。それは肉における働きではなく、完全に肉を超越したものとなるのだ。わたしが言ったとおりにそれは成し遂げられ、わたしが命じたとおりにそれは堅く立つだろう。何が語られようと、それがわたしの口から出たものである限り、ただちに実現される。そしてそれが、わたしの言葉が語られるのとその実現は同時に起こる、ということの真の意味である。わたしの言葉自体が権威であるからだ。わたしは今、地上の人々が少し手がかりを得て、やたらな思い込みをせずにすむよう、いくつかの一般的なことを語っている。その時が来れば、すべてはわたしによって整えられるので、誰も自分勝手に行動してはならない。そうでないとわたしの手によって打ち倒されることになる。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第百二十章」より編集

前へ: 1002 神がシオンに戻るとき

次へ: 1004 付き従う人に対する神の要求

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索