神がシオンに戻った後

わたしがシオンに戻った後も、地上の者たちは、過去と同じようにわたしを讃美し続けるだろう。これらの忠実な効力者たちは、わたしに仕えるために今もなお待っているが、彼らの役割は終わるだろう。彼らにできる最善のことは、わたしが地上にいる状況を熟考することである。その時になると、わたしは災難を被るであろう人々に災害をもたらし始めるが、すべての者は、わたしが義の神であることを信じている通り[a]、わたしは決してそれらの忠実な効力者たちを罰することはなく、彼らはただわたしの恵みを受けるだろう。なぜなら、わたしはすべての悪を行う者たちを罰し、善を行う者たちは、わたしが授ける物質的楽しみを受けるだろうと、わたしは言ったからである。これはわたしが正義と信実の神自身であることの啓示である。


わたしがシオンに戻るとき、わたしは世界各国へ目を向け始める。わたしはイスラエル人に救いをもたらし、エジプト人を懲らしめる。これはわたしの働きにおける次の段階である。その時のわたしの働きは、現在の働きとは異なるであろう。それは肉における働きではなく、完全に肉を超越するだろう。そして、わたしが言ったので、それは成し遂げられ、わたしが命じたように、それは堅く立つであろう。わたしによって言われている限り、言われたことは直ちに実際に成就される。そしてこれは、わたしの言葉が語られると同時に、その成就が現れるということの真の意味である。なぜなら、わたしが言うことは権威そのものであるからだ。わたしは今、地上の人々が少しは手がかりを得て、むやみやたらに憶測しないようになるのを助けるために、いくつかの一般的なことについて話している。その時が来れば、すべてはわたしによって整えられる。そして、わたしの手によって打たれないように、自分勝手に行動するのを避けるべきである。


『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第百二十章」より編集

脚注

a.原文に「通り」の語句は含まれていない。

前へ: 神がシオンに戻るとき

次へ: 人間に対する神の最後の要求

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索