あとがき

これらの言葉は、神が表したものの全体を構成しているわけではないが、人々が神を知り、性質の変化を経るという目的を果たすのに十分である。中には、中国本土における神の働きはすでに終わっているので、これは神が発すべき言葉をすべて発し終えたことを証明しており、神はそれらの言葉しか語ることができないので、新しいことは一切語れないと考える人もいるかもしれない。さらに、『言葉は肉において現れる』には、神の国の時代に神が表したすべてのことが含まれており、この書を受け取ることは、神のすべてを受け取ることに等しい、あるいは、聖書がそうだったように、今後はこの書が人類を導くだろうと考える人もいる。こうした見方をする人々は少数派ではないと、わたしは確信している。なぜなら、人々は神に対していつも制限を課したがるからである。このような人はみな、神は全能であり、すべてを包含していると主張するが、自身の本性のせいで、やはり神を特定の範囲に制限しがちである。誰もが神を知ると同時に、神に逆らい、規定しているのだ。

神の国の時代における神の働きは、始まったばかりである。本書にある神の発した言葉はすべて、その時点で神に付き従っていた人々にのみ向けられたものであり、神が現在の受肉において表した事柄の一部に過ぎず、神のすべてを表すものではない。それ以上に、今回受肉しているあいだに神が行う働きのすべてを含んでいるとは言えない。神は自身の言葉を、様々な民族や背景の人々に向けており、全人類を征服し、古い時代を終わらせる。そうであれば、神の言葉のうち、これほどわずかな部分を表しただけで、どうしてそのすべてをまとめ上げることができようか。それは単に、神の働きは様々な期間と段階に分割されている、ということである。神は自身の計画に沿って働き、自身の段階に沿って言葉を表している。神の全能と知恵をどうして人間が想像できようか。ここでわたしが説明しようと思う事実は、以下の通りである。神が所有するものと神そのものは永遠に無尽蔵であり、無限である。神は生命と万物の源であり、どの被造物にも推し量ることはできない。最後に、すべての人に引き続き思い出させなければならないことがある。すなわち、神を二度と書籍や言葉、あるいは過去の発言に制限してはならない、ということである。神の働きの特徴を表わす単語は一つしかない。つまり「新しい」である。神は旧来の道を辿ったり、働きを繰り返したりするのを好まない。さらに、人間が神を一定の範囲に制限し、その上で礼拝することを、神は望まない。これが神の性質である。

前へ: 附録四 神の裁きと刑罰に神の出現を見る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは信仰について何を知っているか

人には信仰という不確かな言葉しかないが、人は信仰を構成しているものを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかもわからない。人はあまりに理解しておらず、欠けているものが多すぎる。わたしへの信仰も思慮がなく無知である。信仰とは何か、なぜわたしを信仰しているのか、人はわかっていない…

あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

あなたがたの生活における行いや行動はどれも、わたしの言葉の一節が毎日あなたがたに施され、あなたがたを補給しなければならないことを示している。と言うのも、あなたがたに欠けているものがあまりに多く、あなたがたの認識と受け取る能力があまりに乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、…

真心で神に従う者は、必ずや神のものとされる

聖霊の働きは日々変化する。それは段階ごとに高まり、明日の啓示は今日のものよりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが、神が人間を完全にする働きである。それと歩調を合わせることができなければ、その人はいつでも捨て去られ得る。従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。こ…

正常な霊的生活は人を正しい道へ導く

 あなたがたはまだ神の信者としての道のりのごくわずかしか歩んでおらず、未だに正しい道のりに入っていない。そのため、まだ神の基準を満たすにはほど遠い。現在のあなたがたの霊的背丈は神の要求を満たすには不十分である。あなたがたの素質と堕落した本性のせいで、あなたがたは常に神の働きを不注…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索