あとがき

これらの言葉は、神が表したものの全体を構成しているわけではないが、人々が神を知り、性質の変化を経るという目的を果たすのに十分である。中には、中国本土における神の働きはすでに終わっているので、これは神が発すべき言葉をすべて発し終えたことを証明しており、神はそれらの言葉しか語ることができないので、新しいことは一切語れないと考える人もいるかもしれない。さらに、『言葉は肉において現れる』には、神の国の時代に神が表したすべてのことが含まれており、この書を受け取ることは、神のすべてを受け取ることに等しい、あるいは、聖書がそうだったように、今後はこの書が人類を導くだろうと考える人もいる。こうした見方をする人々は少数派ではないと、わたしは確信している。なぜなら、人々は神に対していつも制限を課したがるからである。このような人はみな、神は全能であり、すべてを包含していると主張するが、自身の本性のせいで、やはり神を特定の範囲に制限しがちである。誰もが神を知ると同時に、神に逆らい、規定しているのだ。

神の国の時代における神の働きは、始まったばかりである。本書にある神の発した言葉はすべて、その時点で神に付き従っていた人々にのみ向けられたものであり、神が現在の受肉において表した事柄の一部に過ぎず、神のすべてを表すものではない。それ以上に、今回受肉しているあいだに神が行う働きのすべてを含んでいるとは言えない。神は自身の言葉を、様々な民族や背景の人々に向けており、全人類を征服し、古い時代を終わらせる。そうであれば、神の言葉のうち、これほどわずかな部分を表しただけで、どうしてそのすべてをまとめ上げることができようか。それは単に、神の働きは様々な期間と段階に分割されている、ということである。神は自身の計画に沿って働き、自身の段階に沿って言葉を表している。神の全能と知恵をどうして人間が想像できようか。ここでわたしが説明しようと思う事実は、以下の通りである。神が所有するものと神そのものは永遠に無尽蔵であり、無限である。神は生命と万物の源であり、どの被造物にも推し量ることはできない。最後に、すべての人に引き続き思い出させなければならないことがある。すなわち、神を二度と書籍や言葉、あるいは過去の発言に制限してはならない、ということである。神の働きの特徴を表わす単語は一つしかない。つまり「新しい」である。神は旧来の道を辿ったり、働きを繰り返したりするのを好まない。さらに、人間が神を一定の範囲に制限し、その上で礼拝することを、神は望まない。これが神の性質である。

前へ: 附録:神の裁きと刑罰に神の出現を見る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

牧者に適した人が備えているべきもの

聖霊が人々に働きかける時にその人が置かれる多くの状態をあなたは理解しなければならない。特に、一体となって神への奉仕を行なう人は、聖霊が人々に行なう働きによってもたらされる多くの状態をさらにしっかりと把握していなければならない。単に多くの経験や、入りを成し遂げる数多くの方法について…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは役に立たない。しかし現在、あなたがたがまさに今直面して…

悪人は必ず罰を受ける

自分自身を見つめ、すべての行いにおいて義を実践しているかどうか、そしてすべての行動が神の監視を受けているかどうかを確かめなさい。これは神を信じる者が物事を行う際の原則である。神を満足させられること、神の世話と保護を受け入れることによって、あなたがたは義であるとされる。神の目から見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索