あとがき

これらの言葉は、神が表したものの全てでは無いが、神を知ることと性質の変化という目的を人が果たすのに十分である。中国本土における神の働きが既に終わっているために、これは神が語るべき言葉を全て語り、これらが神が語ることのできる全ての言葉なので神は一切新たな言葉を述べることは有り得ないことを証明するものだと考える人もいることであろう。さらに、『言葉が肉体で現れる』には神の国の時代に神が表出した物事の全てが含まれ、この書を受け取ることは、神の全てを受け取ることに等しい、あるいは聖書がしたように今後はこの書が人類を導くであろうと考える人もいる。こうした考えの人々は少数派ではないと確信している。なぜなら人々は常に神に対して制限を加えたがるからである。このような人は皆、神が全能であり全てを包含していると主張するが、人間の本性のため、人間は神を特定の範囲に制限しがちになる。人はそれぞれ神を知ると同時に、神を拒否し、制限しているのである。

神の国の時代における神の働きは、始まったばかりである。本書中にある神の言葉の全ては、その時点で神に付き従っていた人々だけを対象としており、現在肉にある神の表出した内容の一部でしか無く、神の全てに相当するものでは無い。それ以上に、今回の受肉の間に神が行う働きの全てを含んでいるとは言えない。神は、様々な民族や背景の人々を自らの言葉の対象とし、全人類を征服し、旧来の時代を完了する。それならば、神の言葉のこれほどの僅かな部分を表しただけで、どうして働きが完了することができようか。それは単に、神の働きは様々な期間と段階に分割されている、ということである。神は神の計画に従って働き、神の段階に従って神の言葉を表している。神の全能性と知恵をどうして人間が想像できようか。現在わたしが説明している事実は、神であるもの、神がもつものは永遠に無尽蔵であり、無限であるということである。神は生命と万物の源である。神は、創造物が想像し得ないものである。最後に、すべての人に再度思い出させなければならないことがある。すなわち、神を書籍や言葉、従来の言葉に制限してはならない、ということである。神の働きの特徴は「新しい」という一語に尽きる。神は旧来の道を辿ったり、働きを反復するのを好まない。さらに、神は人間が神を一定範囲に制限した上で礼拝することを望まない。これは神の性質である。

前へ: 神の裁きと刑罰に神の出現を見る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

受肉の奥義(3)

神は自身の働きを行なうとき、何らかの構築や運動にとりかかるためでなく、自身の職分を全うするためにやって来る。毎回神が肉となるのは、働きの一段階を遂行し、新しい時代を始めるためだけである。今や神の国の時代が到来し、同じく神の国への訓練が始まった。この段階の働きは人間の働きでも、人間…

第三十三章

実のところ、神が人々に行ったこと、与えたこと、ならびに人々が所有しているものに基づいて考えてみると、神が人々に要求するものは過度ではなく、神は彼らに多くを求めないと言うことができる。それではどうして彼らは神を満足させようとすることができないのだろう。神は100%を人に与えるのに、…

堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救いの働きの全段階で、人間をそ…

救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た

数千年もの間、人は救い主の到来に立ち会えることを熱望してきた。何千年も救い主イエスを切望し、渇望してきた人々のもとにイエスが白い雲に乗って直接降りてくるのを見ることを望んできた。救い主が戻って来て人々と再会すること、すなわち、救い主イエスが何千年もの間離れていた人々のもとに戻って…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索