万物は神が定めた原則と法則によって生きている

数千年が過ぎても

人間は未だに神から授かった光や空気を享受し

神が吐く息を呼吸している

神が創った魚や鳥、花や昆虫を楽しんでいる

人間はすべてのものを楽しむ

神に与えられたすべてのものを

昼と夜は常に入れ代り

どんな時も季節は巡り来る

空飛ぶ雁は冬に飛び去り、春に舞い戻り

魚は棲みかである川や湖を離れない


夏は地上で蝉が心のまま楽しげに歌い

秋は草の中

コオロギが風に合わせて

優しく歌を口ずさむ

雁は群れをなして

飛ぶが鷲はいつも独りでいる

ライオンは生きるために狩りをし

ヘラジカは草花から離れない

命あるものは生まれては去り

瞬く間におびただしく変化する

変わらぬものは、本能と生存の法則

彼らは神に養われ満たされて生きている

誰も彼らの本能を変えることはできない

誰も生存の法則を破ることはできない

ああ、誰もできない


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 人類は依然として神が造られた人類と同じである

次へ: 万物を管理する神の奇しき業

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索