万物は神が定めた原則と法則によって生きている

数千年が過ぎても

人間は未だに神から授かった光や空気を享受し

神が吐く息を呼吸している

神が創った魚や鳥、花や昆虫を楽しんでいる

人間はすべてのものを楽しむ

神に与えられたすべてのものを

昼と夜は常に入れ代り

どんな時も季節は巡り来る

空飛ぶ雁は冬に飛び去り、春に舞い戻り

魚は棲みかである川や湖を離れない


夏は地上で蝉が心のまま楽しげに歌い

秋は草の中

コオロギが風に合わせて

優しく歌を口ずさむ

雁は群れをなして

飛ぶが鷲はいつも独りでいる

ライオンは生きるために狩りをし

ヘラジカは草花から離れない

命あるものは生まれては去り

瞬く間におびただしく変化する

変わらぬものは、本能と生存の法則

彼らは神に養われ満たされて生きている

誰も彼らの本能を変えることはできない

誰も生存の法則を破ることはできない

ああ、誰もできない


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 人類は依然として神が造られた人類と同じである

次へ: 万物を管理する神の奇しき業

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索