常に神に従う

私は神の声を聞き

神のみもとに戻る

御言葉の潤しを受け入れる

裁きと試練を経験し

大きな苦しみを受けて 清められた


挫折と失敗

苦痛を通し

何度も鍛えられ

神への愛が強くなる

神はまさに義であり

その心は善良

私は心の中で神を敬い

神から離れることはできない


私たちは神に従う

いつも従う

裁きを受け入れ

前進し続け 変えられることを求める

堕落を捨て去り

性質が変えられ

人間らしく生きる

神の裁きは愛

神の大いなる救い

神の大いなる救いは愛


人は塵にすぎず 小さくて卑しいが

神の救いを受けた

我らは人間の尊厳をもって生き

性質が変えられた

裁きと刑罰により

神の愛が私たちと共にある

神は自ら働き

私たちを完全にし 変える


私たちは神に従う

いつも従う

豪奢な欲望も

不純な取引もない

本分を尽くし

任務を果たし

神の心を満足させる

神は慰められ

私たちの霊は

喜びを感じる


神の恵みを楽しむだけでは

いのちはない

真理を得なければ

結局全てはむなしい

人生はとても短く

神を愛することは至高

神の証しとなるなら

人生に悔いはない


私たちは神に従う

いつも従う

神の国への道が

どれほど険しくても

迫害や困難があっても

後戻りしない

御言葉が導き 信仰を与えてくれる

神の足跡を辿り

懸命に前進する

私たちは神を愛し 後戻りしない


私たちは神に従う

いつも従う

人類を救うため

神は全てを捧げる

神の愛は私たちの心を虜にする

私たちは決して後戻りしない

常に神に従う

前へ: 優しい警告の歌

次へ: 神に従う決意

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索