創造主の権威は不変である


神には権威と力があるものの、神は自身の業に対して厳格であり、原則を固守し、言葉の通りにしている。神の厳格さと神の業の原則では、創造主が侵害不可能であること、そして創造主の権威が無敵であることが示されている。神には至高の権威があり、万物が神の支配下にあり、神には万物を支配する力があるが、神は、かつて自身の計画を害したことも混乱させたことも無く、神が権威を行使する時は、常に神自身の原則に厳密に従い、神の口で述べた言葉に従い、神の計画の段階と目的に従っている。神により支配されている万物もまた、神が権威を行使するときの原則に従っており、神の権威の定めの例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物が一切存在しないことは、言うまでも無い。


神の観点から見ると、祝福された者は、神の権威により多くの財産を受け、のろわれた者は神の権威による罰を受ける。神の権威の支配下においては、神の権威行使の例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物も一切存在しない。創造主の権威は、いかなる要素の変化によっても変更されず、同様に、神の権威が行使される際の原則は、いかなる理由によっても変更されない。天と地に大規模な変動が発生する可能性もあるが、創造主の権威は不変であり、万物が消滅する可能性もあるが、創造主の権威は決して消滅しない。これが創造主の不変であり侵害不可能な権威であり、まさに創造主固有のものである。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 神の怒りの光景

次へ: 万物を管理する神の奇しき業

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索