創造主の権威は不変である

神には権威と力があるものの、神は自身の業に対して厳格であり、原則を固守し、言葉の通りにしている。神の厳格さと神の業の原則では、創造主が侵害不可能であること、そして創造主の権威が無敵であることが示されている。神には至高の権威があり、万物が神の支配下にあり、神には万物を支配する力があるが、神は、かつて自身の計画を害したことも混乱させたことも無く、神が権威を行使する時は、常に神自身の原則に厳密に従い、神の口で述べた言葉に従い、神の計画の段階と目的に従っている。神により支配されている万物もまた、神が権威を行使するときの原則に従っており、神の権威の定めの例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物が一切存在しないことは、言うまでも無い。

神の観点から見ると、祝福された者は、神の権威により多くの財産を受け、のろわれた者は神の権威による罰を受ける。神の権威の支配下においては、神の権威行使の例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物も一切存在しない。創造主の権威は、いかなる要素の変化によっても変更されず、同様に、神の権威が行使される際の原則は、いかなる理由によっても変更されない。天と地に大規模な変動が発生する可能性もあるが、創造主の権威は不変であり、万物が消滅する可能性もあるが、創造主の権威は決して消滅しない。これが創造主の不変であり侵害不可能な権威であり、まさに創造主固有のものである。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 死者を復活させる神の権威

次へ: 万物は神の言葉ゆえに存在する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索