本性を解決する基本原則

人の本性を解決することは、肉を捨て去ることから始まります。そして肉を捨て去る際にも原則が必要となります。混乱した状態で肉を捨て去ることができますか。問題に遭遇するや否や肉に屈服します。そこには極めて重要な原則があります。つまり、問題に遭遇したときはさらに探求し、その件を神の前に持ち込み、より多くの時間をかけて考えなければなりません。それに加えて、毎晩自分の状態を確かめ、自分の振る舞いを吟味しなければなりません。つまり、自分の行動のうちどれが真理に一致していたか、どれが真理に反していたかを確かめるのです。それがもうひとつの原則です。ここで最も重要な点を二つ挙げます。一つは何かをしつつも自分を検証することであり、もう一つはあとで自分を検証することです。第三の原則は、真理を実践するとは何を意味するのか、原則に基づいて物事に対処するとは何を指すのかを完全に理解することです。この点について十分に理解すれば、物事を正しく取り扱うようになります。これら三つの原則を遵守することにより、自分を抑制することができるようになります。堕落した本性が自然と現れることも、再浮上することももはやあり得ません。それもまた、人の本性を解決する基本原則です。


『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 重要なのは自分の思いと視点を知ること

次へ: このように自分を省みることが鍵である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索