神のために証しすることは人の本分である


神はあなたがたに命を授ける

それはあなたがたが神から受け取る贈り物

だから神を証することは

あなたがたの使命である


神はあなたがたに自らの栄光を与える

イスラエル人にはなかった神の命を与える

だからあなたがたは

神に自分の命と若さを捧げなければならない

あなたがたは神の栄光を手に入れたのだ

だからあなたがたは

神の証しをしなくてはならない

それは神によって定められた事なのだから

あなたがたが神の栄光を与えられたのは

幸運なこと

だから神の栄光を証することは

あなたがたの使命である

ただ祝福を得るために神を信じるのなら

神の業は意味を失い

あなたがたの使命も果たされない

あなたがたは神の栄光を手に入れたのだ

だからあなたがたは

神の証しをしなくてはならない

それは神によって定められた事なのだから

『言葉は肉において現れる』の「あなたは信仰について何を知っているか」より編集

前へ: 神の意志を理解しなさい

次へ: 神の唯一の願い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索