信者と非信者は相容れない


どの人にもふさわしい終着点がある。この終着点は各人の本質によって決まるのであり、ほかの人とは全く関係がない。信仰深い夫と不信仰な妻はもともと関係がなく、信仰深い子供と不信仰な親はもともと関係がない。彼らは相容れない二種類の人である。安息の中に入る前に人には肉親があるが、ひとたび安息の中に入ると、もはや語るべき肉親はなくなる。本分を尽くす者と、本分を尽くさない者は敵であり、神を愛する者と、神を憎む者は敵対する。安息の中に入る者と、滅ぼされた者は相容れることのできない二種類の被造物である。


本分を尽くす被造物は生き残ることができ、本分を尽くさない被造物は滅ぼされる。さらに、これは永遠に続く。今日の人々は、血の繋がりだけでなく肉体の関係があるが、今後これは完全に打ち破られる。信じる者と信じない者は相容れないのであり、敵対する。安息の中の人はみな神の存在を信じる者であり、神に従順な者である。神に不従順な人々は完全に滅ぼされてしまう。地上にはもう家族がなくなる。それでは、どうして父母があるだろうか、どうして子供があるだろうか、どうして夫婦関係があるだろうか。信仰と不信仰という不一致が、このような肉の関係を切断してしまうのである。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より編集

前へ: 神は人の結末をその人の本質によって決定する

次へ: 神は悪人を救わない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索