124 神を愛する者は祝福される

神を愛する者は神に従い

神の前に生きる

御言葉の導きにより

平安と喜びを得る

神を愛する者は誠実で

真理を実践する

神の意志を心に留め

本分を尽くし神を満足させる

神を愛する者には原則があり

見解や行動に真理を用いる

規則も足かせもなく

彼らは真理を理解し自由になった

神を愛する者はみな祝福される

裁きと刑罰はともにあり

真理を求め光を受け

堕落が清められる

裁きにより救われ幸福になる

神の御言葉は彼らのいのちとなり

御顔は彼らの上に輝く

神を愛する者は神を畏れ

神の吟味を受け入れる

互いに調和して奉仕し

現実を生き証しする

神を愛する者は神に忠実で

試練の中にあっても信仰は堅い

将来も運命も手放し

全能神を一心に愛する

神を愛する者は神を礼拝し

神の義と聖を賛美する

神を愛する者には真理があり

神を証しし栄光を帰す

神を愛する者はみな祝福される

裁きと刑罰はともにあり

真理を求め光を受け

堕落が清められる

裁きにより救われ幸福になる

神のみ言葉は彼らのいのちとなり

御顔は彼らの上に輝く

御顔は彼らの上に輝く

前へ: 123 神を愛する者は真に幸いである

次へ: 125 私は神の愛を見た

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索