神を愛する者は祝福される

神を愛する者は神に従い

神の前に生きる

御言葉の導きにより

平安と喜びを得る

神を愛する者は誠実で

真理を実践する

神の意志を心に留め

本分を尽くし神を満足させる

神を愛する者には原則があり

見解や行動に真理を用いる

規則も足かせもなく

彼らは真理を理解し自由になった

神を愛する者はみな祝福される

裁きと刑罰はともにあり

真理を求め光を受け

堕落が清められる

裁きにより救われ幸福になる

神の御言葉は彼らのいのちとなり

御顔は彼らの上に輝く

神を愛する者は神を畏れ

神の吟味を受け入れる

互いに調和して奉仕し

現実を生き証しする

神を愛する者は神に忠実で

試練の中にあっても信仰は堅い

将来も運命も手放し

全能神を一心に愛する

神を愛する者は神を礼拝し

神の義と聖を賛美する

神を愛する者には真理があり

神を証しし栄光を帰す

神を愛する者はみな祝福される

裁きと刑罰はともにあり

真理を求め光を受け

堕落が清められる

裁きにより救われ幸福になる

神のみ言葉は彼らのいのちとなり

御顔は彼らの上に輝く

御顔は彼らの上に輝く

前へ: 神を愛する者は真に幸いである

次へ: 私は神の愛を見た

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索