真理をあきらめなければあなたは救われる

自分の問題を正しく見なければ

神への認識に影響する

ある者は素質の無さを悟り

ある者は深刻な過ちをする

自暴自棄になり、希望を失くし

真理のために苦しもうとしない

自分は今まで変わらなかったと思い

性質を変えようとしない

今、神は言う

問題を正しく扱えば希望を

持て、消極的でなくなる

自分を正しく見よ、真理を諦めるな

実際に変わった者もいるが

自分では全く気づかない

自分の問題を眺めるだけで

神と協力する意欲をなくす

そのため正常な入りが遅れ

神への誤解が増え

さらに彼らの終着点に

影響を与えてしまう

今、神は言う

問題を正しく扱えば希望を

持て、消極的でなくなる

自分を正しく見よ、真理を諦めるな

真理を求める者は弱い時も

運命を思わず忠実に尽くす

神は変化を見る、あなたもしっかり

見れば堕落が少し変わったと分かる

だが成長を最高の基準で

測るなら、高みに届けず

自分の変化も否むだろう

それが人の過ちだ

今、神は言う

問題を正しく扱えば希望を

持て、消極的でなくなる

自分を正しく見よ、真理を諦めるな

本当に善悪を区別できるなら

自分の変化を吟味せよ

自分の変化だけでなく

実践すべき道も分かる

努力すれば、最後に救いの

希望があると知るだろう

今、神は言う

問題を正しく扱えば希望を

持て、消極的でなくなる

自分を正しく見よ、真理を諦めるな

『キリストの言葉の記録』の「自分自身を正確に見ること、そして真理を断念しないこと」より編集

前へ: 真理の追求に必要な決意

次へ: 神を本当に渇望する者を神は見捨てない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索