質問1.聖書は神様の業の証しであり、人類に多大な恩恵をもたらしました。聖書を読むと神様は、万物の創造主であると分かります。神様の驚異的で偉大な業と、全能性が理解できます。聖書には御言葉の多くが書いてあるのに、なぜ聖書には永遠の命への道みつからないのでしょう。

解答: 聖書を読むと、神様が万物の創造主だということやその驚くべき業が分かります。これは聖書が、神様の働きの最初の2段階の証しで、律法の時代および恵みの時代の御言葉と働きの記録だからです。ですから、聖書は私たちの信仰にとても重要です。もしも、聖書がなかったら、どうやって主の御言葉を理解し、主を知ることができますか?どうやって神様の御業を証しし、神様への真の信仰を持てるというんでしょう?もし聖書を読まなければ、神様に従ってきた聖徒たちの本物の証しをどうやって確認できるんですか?ですから、聖書を読むことは信仰の実践に不可欠です。信者は聖書から逸脱すべきではありません。聖書から逸脱する者は主を信じていないと言えるでしょう。これは聖徒たちの経験から証明されています。信仰における、聖書を読むことの意義と価値を誰も否定できません。つまり、各時代の聖徒や信者たちはみな、聖書を読むことを重要だと受け止めていました。聖書を読み祈ることは、2本の足のようなもの、それがなければ前へは進めません。ただし主は言われました。「あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしない。」(ヨハネによる福音書 5:39-40) なのに、勘違いする人もいます。聖書が神様の御言葉と人による証しを記録したものなら、聖書を読めば、永遠の命が得られるはずだと。ではなぜ主は、聖書の中に永遠の命はないとおっしゃったんでしょう?実は、そう難しい問いではありません。そもそも、律法の時代と恵みの時代における御言葉と働きの内情と本質、成果を理解していれば、なぜ聖書を読んでも永遠の命が得られないか分かるでしょう。まず律法の時代を考えてみましょう。この時代のヤーウェ神の働きは、人が従うべき律法、戒め、掟の普及がおもでした。御言葉のほとんどは未熟な人類を地上の暮らしで導くもの、人の命の性質を変えることは関わっていません。つまり、律法の時代の御言葉はすべて、人を律法と戒めに従わせることが目的でした。これらの言葉は真理ですが、初歩的な真理を表していました。そして恵みの時代、主イエスの御言葉と働きは贖いの働きに集中していました。神様が発した言葉は贖いの真理、罪を告白し悔い改め罪から遠のくこと、これを人に説いたものでした。また主への祈り方を教え、人が心から主を愛し、自分を愛するように隣人を愛し、他人に対する寛容と忍耐を持つこと、ひたすら他人を許すことを説いています。これらはすべて、悔い改める方法なんです。つまり、聖書を読んでも律法の時代と恵みの時代の神様の働きを理解できるだけです。万物が神様によって創造されたことを知り、地上でどう生き、どう神様を礼拝するのかを学びます。誰が神様に祝福され、誰が呪われ、罪とは何であるか、神様に罪をどう告白し悔い改めたらよいか、謙虚さや忍耐や寛容の精神、十字架を負い主に従うこと、主イエスの私たちへの無限の憐れみと思いやりを知るんです。主イエスの前に来ることによってのみ、豊かな恵みと真理を得ることができると分かります。聖書に記された、律法の時代と恵みの時代の御言葉と働きは、人類を救う計画と当時の人類の必要に沿って神様が語られた真理です。これらの真理で、人が表向きは良い行動を取れても、人の罪深さの根源を解消することや、人の命の性質を変えることはできず、人が清められ救われ完全になることは、決してできませんでした。こうして、恵みの時代に主イエスが発した御言葉は、悔い改める道とは呼ばれても、永遠の命の道とは呼ばれないんです。永遠の命への道とは何ですか?それは、人間が永遠に生きることができる真理の道です。人間を罪深い性質の束縛から解き放つ道であり、人間の命の性質を変えることで、命の真理を得て、サタンの影響から解放され、キリストと一致するようになるんです。それは人が神様を知り、従い、畏れ敬い、二度と神様に逆らい裏切らないということです。これを達成できる道こそ、永遠の命への道と呼ばれるべきでしょう。人間は、罪があるからこそ、死ぬ定めなんです。もし人がいのちの真理を得て、罪から解放されたなら、神様から永遠の命を与えられることでしょう。ですから、終わりの日に神様から救われることでのみ、神様が人類に与える永遠の命への道を得られるんです。

『私の主は誰か』の映画台本から

前へ: 質問3.全能神の働きを学び始めてから、宗教指導者たちは全能神を激しく非難して、私たちの邪魔をしてきます。ユダヤ教のパリサイ人が主を非難したのと同じですよ!最近考えたのですが、なぜ神が2度も受肉して、宗教界や無神論政府に迫害されたのでしょう?全能神はただ人類を清めて救うためだけに終わりの日にお見えになりました。宗教界と中国共産党はなぜキリストを恨み、メディアや警察まで動員してキリストをつぶそうとするのか?ヘロデ王はユダヤの王である主イエスが生まれたと聞いて、2歳未満の男児を全て殺そうとしましたね!キリストを消すためだけに。受肉された神をなぜ宗教界や政府は歓迎せず、その出現と働きを冒涜したのか?国を挙げてキリストを十字架にかけたのはなぜでしょうか?なぜ人類は神に恨みを抱くのでしょう?

次へ: 質問2.でも信仰によって、永遠の命を得られるはずだとみな思っています。主の言葉はそれを裏づけます。主イエスは言われた。「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。」(ヨハネによる福音書 11:25-26)「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14) これは主イエスのお約束です。主は永遠の命を与えてくださる、主の道は永遠の命への道です。聖書には「御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」(ヨハネによる福音書 3:36)と。主イエスは人の子でありキリストじゃないですか。主イエスを信じれば、永遠の命を得ることができるんでしょう?終わりの日のキリストが、永遠の命を与えてくださると言われましたね。そこが理解できません。私たちは主イエスの信者です。それだけでは、永遠の命を得られないんですか?なぜ終わりの日のキリストの御言葉や働きを受け入れなきゃならないんです?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問2.私は神を見たことがないし、神がどう働き世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識し受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは、宗教的な信仰は精神的な栄養に過ぎない。人類の精神的な空洞を埋めるものです。神を信じる人たちも最終的にはみんな死にますね。だれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて分からないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で、非現実的です。科学が発達し、人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ、消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり、現実です。誰も否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在証明もしていない。もし科学が神の存在と神の支配を証明出来たら、神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ、発展させることによってのみ、人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じて何を得られますか?一時的な心の慰め以外に何の役に立つのですか?実際の問題を解決しない。従って、科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。科学を信じなくては。

解答: 無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば、何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか?科学が真理などではない証拠です。科学は現実的な問題を解決できますか?人類の堕落を解決できますか?科学は…

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索