質問 1:聖書は神様の業の証しであり、人類に驚くべき利益をもたらしました。聖書を読むと、神様は全ての創造主であり神様の驚異的で偉大な行い、そしてその全能性が理解できます。聖書は神様の言葉の記録であり、神様についての人の証言ではあるものの、ではなぜ人は聖書を読むことによって永遠の命を得ることができないのだろうか? なぜ永遠の命の道については書かれていないのでしょう?

回答:聖書を読むと、神様は全ての創造主であり、私達は神様の驚くべき行いに気づき始めます。これは聖書が神様の最初の2段階の御働きを証しするものだからです。律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働き、そして人の証しの記録だからです。ですから、聖書は私達の信仰にはとても重要なのです。ここで考えてみましょう。もし聖書がなかったら、人はどう主の御言葉を理解し、主を知ることができますか? 人はどうやって神様の御業を証し、神様への真の信仰を持つようになりますか? もし人が聖書を読まないなら、ずっと神様に従って来た聖徒全員の本物の証しをどうやって確認できるのです? 聖書を読むことは信仰の実践には不可欠で、主の信者なら聖書から逸脱するべきではありません。聖書から逸脱する者は、主を信じていないと言えるでしょう。これは、時代を問わず聖徒たちの経験から証明されています。信仰をするときに聖書を読む意味と、価値を否定する人はいません。つまり時代を超えて聖徒や信者達は、誰しも聖書を読むことを非常に重要だと受け止めているのです。聖書を読み祈ることは、二本の足が歩くために不可欠であるように、それがないと倒れ前に進むことができないのです。ただ主イエスはこう言われました。「あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしない(ヨハネによる福音書 5:39-40)。聖書が神様の御言葉と人の証しの記録だとすれば、聖書を読めば永遠の命が得られるはずだと考えている人もいます。ではなぜ主イエスは聖書の中には永遠の命はないとおっしゃったのでしょう? 実際、そんなに難しくはないのです。律法の時代と恵みの時代の、神様の御言葉と御働きの、本質と内容をよく理解しそこから成し遂げられることを理解していれば、なぜ聖書を読むことで永遠の命を得られないのかが、自然にわかるでしょう。まず、律法の時代を考えてみましょう。この時代にヤーウェは、人が従うべき律法、戒め、掟を普及させることにおもに関わっていました。神様の御言葉はほとんどが、地球で生きるにはまだ未熟な人類を導くものでした。この言葉は、人の命の性質を変えることとは関係ありませんでした。律法の時代の神様の言葉はすべて、人を律法と戒めに従わせることが目的でした。これらの言葉は真理ですが、非常に初歩的な真理を表しています。恵みの時代の主イエスの御言葉と御働きは、贖いの働きに集中していました。神様が発した贖いの真理の言葉は人が罪を告白し、悔い改め、罪を犯すことや悪行を慎むことを説いたものでした。この言葉はまた、主に祈る正しい方法を人に教え人が心底から魂をもって主を愛し、自分を愛するように隣人を愛し、他人に対する寛容と忍耐を持って、他人を70掛ける7回許すことを説いています。これはすべて悔い改める方法なのです。つまり聖書を読んでも、律法の時代と恵みの時代の神様の御働きを理解できるだけです。私達は、全てが神様によって創造されたことを知り地球でどう生き、どう神様を礼拝するのかを学ぶのです。罪とは何であり、誰が神様に祝福され、誰が神様に呪われているかがわかります。私達は罪をどう神様に告白し、悔い改めたら良いのかがわかるようになるのです。私達は遜りや寛容、また許すことを学び十字架を背負い主に従うべきであることを知っています。私達は、私達に向けられた主イエスの無限の憐れみと思いやりを知り、信仰をして主イエスの前に来ることによってのみ豊かな恵みと真理を得ることができると理解できるのです。聖書に記録されている、律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働きは人類を救う計画に沿って、またその当時人類が知る必要のあった神様が語った真理です。これらの真理からは、人が表向きには良い行動をとることができても、人の罪深さの根源を見出すことや人の命の性質を変えたり清められ救われ完全になることは、全くできませんでした。こうして、恵みの時代に主イエスが発した御言葉は、悔い改める道だけで永遠の命へ導いていません。永遠の命への道とは何ですか? 永遠の命への道とは、人間が永遠に生きることができる真理の道です。つまり、人間を罪深い性質の束縛から解き放つ道であり、命の性質を変え、命の真理を得悪魔の影響から完全に解放され、キリストと一致するようになるのです。人が神様を知り、従い、畏敬し二度と神様に反して、裏切らないということなのです。これを達成できる方法だけが、永遠の命への道と呼ばれるのでしょう。人は罪あるゆえに死にます。もし人が人生の真理を得ており、悩ましいすべての罪から解放されたら神様から永遠の命を与えられ祝福されるでしょう。終わりの日に神様から救われることだけが神様が人類に与える、永遠の命を得る道なのです。

映画『私の主は誰か』より引用

前へ: 質問 3:終わりの日の全能神の働きを学び始めてから、宗教指導者たちは、全能神をはげしく非難して真の道を学ぼうとする私たちを、あらゆる手を使って邪魔してきます。ユダヤ教のパリサイ人が主イエスに逆らい非難したのと同じです! 考えていたんですが、なぜ働くために神が二度も受肉して2度とも宗教界や無神論政府による集団的な非難と迫害を受けたのでしょうか? 人類を清めて救うために真理を語って働くだけのために、終わりの日に全能神がお見えになりました。宗教界と中国共産党政府はなぜキリストをそんなに恨み、メディアと武装警察まで動員してキリストを非難、冒涜し、逮捕、壊滅をねらってるんでしょうか。ヘロデ王がユダヤの王である主イエスが生まれたと聞いてベツレヘムにおいて、2歳未満の男児の虐殺を命じ、キリストを生かしておくより、何千もの無実の赤ん坊を殺すことを選んだことを思い出しました。人類を救うため神様が受肉されたと言うのに、なぜ宗教界と政府はそれを喜ばず狂ったように神様の出現と働きを非難し侮辱するのでしょう? 国中の資源を使い尽くしてまで、キリストを十字架につけたのはなぜでしょう。なぜ人類はこんなに邪悪で、神様に恨みを抱くのでしょうか?

次へ: 質問 2:主を信仰することで、私達は永遠の命を得ることができると信じています。主の言葉はこれを裏付けています。主イエスは言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない」(ヨハネによる福音書 11:25-26)。「わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう」(ヨハネによる福音書 4:14)。これは主イエスが約束したことです。主イエスは永遠の命を与えてくださり、主イエスの道は永遠の命への道ということです。聖書に「御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」(ヨハネによる福音書 3:36)。主イエスは人の子ではないのですか。キリストではないのですか? 主イエスを信じれば、永遠の命を得ることができるのでしょう? あなた達は、終わりの日にキリストが私たちに永遠の命を与えてくださると言われた。私が理解できないのは、私達はみんな主イエス・キリストの信者です。それなのに、永遠の命を得るには不十分なのですか? なのになぜ、終わりの日にキリストの御言葉や御働きを受け入れなければならないんです?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索