聖霊の働きによりいのちに入りなさい

あなたがたが聖霊の働きを授かる時は、神により一層完全にされて、聖霊の働きの本質があなたがたの中で作用するように、同時に自らのいのちへの入りにさらに専心し、聖霊の働きとは何か、いのちに入ることとは何かを正確に理解し、聖霊の働きを自分のいのちへの入りに採り入れる必要がある。聖霊の働きを経験する過程において、あなたがたは聖霊と自分自身を知るようになり、数多くの極度の苦難の中で、あなたがたは神との正常な関係を育み、あなたがたと神との関係は日々親しくなってゆく。無数の刈り込みと精錬を経た後、あなたがたには神への真の愛が生まれる。

その困難や咎め、苦難は自分の気力をくじくものではないことを知る必要があるのは、このためである。恐れるべき事は、聖霊の働きを授かるのみで、いのちに入ることがないことである。神の働きが終わる日が来た時、あなたがたの取り組みは徒労となるであろう。あなたがたは神の働きを経験したにもかかわらず、聖霊を知ることも、自らがいのちに入ることもないであろう。人間に対する聖霊の啓きは、人間の情熱を維持するためのものではなく、人間がいのちに入るように道を拓き、聖霊を知ることが出来るようになり、そのため神を敬愛する心を育むためのものである。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(2)」より編集

前へ: 神は聖霊の働きを持つ人々を完全にする

次へ: 聖霊の働きは人を積極的に前進させる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索