神を知ることによってのみ人は神を愛するようになる

神を知ることは

神の働きの最後に達成すべき成果

神が人に課す最後の要求

それは最後の証を立て

人が最後に神に立ち返るようにするため

神を知ることでのみ

人は真の信仰を持ち

神を畏れ従える

神を知らぬ者は

神への従順と畏敬にたどり着けない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる

神を知るとは

神の性質と心 神そのものを知ること

人はどの側面を知ろうと代価を払い

従順でなければ最後まで従えない

神の働きと人の観念は相容れず

人は神の言動や神が何かわからない

神について行くことを願いながら

従わない者は何も得られない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

次へ: 神を知る者だけが神を得ることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索