神を知ることによってのみ人は神を愛するようになる

神を知ることは

神の働きの最後に達成すべき成果

神が人に課す最後の要求

それは最後の証を立て

人が最後に神に立ち返るようにするため

神を知ることでのみ

人は真の信仰を持ち

神を畏れ従える

神を知らぬ者は

神への従順と畏敬にたどり着けない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる


神を知るとは

神の性質と心 神そのものを知ること

人はどの側面を知ろうと代価を払い

従順でなければ最後まで従えない

神の働きと人の観念は相容れず

人は神の言動や神が何かわからない

神について行くことを願いながら

従わない者は何も得られない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる


『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

次へ: 神を知る者だけが神を得ることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索