裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか

あなたは解かりますか?

もし解かっているのなら

神は裁きに従うよう勧める

そうしなければ神から称賛され

神の国に入る機会を失うだろう

忠誠を誓いながら裏切る者を

神は容赦しない

霊と魂・肉体において罰するだろう

これは神の義の現れ

人を裁き露わにする神の目的ではないか

裁きを受け入れるだけで清められない者

裁きの業から逃げる者は

永遠に神から拒絶される

彼らの罪はパリサイ人よりひどい

神を裏切り反抗する者だから

仕えるに値しない人は

未来永劫厳しい罰を受けるだろう

忠誠を誓いながら裏切る者を

神は容赦しない

霊と魂・肉体において罰するだろう

これは神の義の現れ

人を裁き露わにする神の目的ではないか

『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より編集

前へ: 神の働きの各段階は神の知恵の結晶である

次へ: 終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索