神の導きを失った人類の行く末

社会科学の幕開けで

人は科学と知識に囚われ

そして支配され

神を崇める条件も余地も残っていない

心の中に神は沈んだ

神の居場所がない 心は暗く

空虚で希望がないから

歴史家や科学者は神の人間創造を否定することで

人の心を埋めようとした

神の創造を信じる者は減り

進化論を信じる者が増している

多くの人が神の業の記録や

旧約聖書の神の言葉を神話や物語として扱う

人は神の偉大さと威厳

存在と万物支配に関心を失った

快楽を求めて空しく生き

人の生存や国家民族の命運など意味がなく

神がどこで働き

人の終着点をどう支配し采配するか

探求しない

文明は人の望みを満たせない

この世界で生きる人は死んだ人より不幸だと感じ

かつて高度な文明があった国の人でさえ

今や悲しみを訴える

神の導きがなければ

支配者や社会学者が文明を保とうとしても

役に立たず

空虚な心を埋められない

誰も人のいのちにはなれず

社会理論も人を空虚さから自由にできない

『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より編集

前へ: 全能者の超越性と偉大さ

次へ: 神のいのちの施しが人類には必要

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索