神の導きを失った人類の行く末

社会科学の幕開けで

人は科学と知識に囚われ

そして支配され

神を崇める条件も余地も残っていない

心の中に神は沈んだ

神の居場所がない 心は暗く

空虚で希望がないから

歴史家や科学者は神の人間創造を否定することで

人の心を埋めようとした

神の創造を信じる者は減り

進化論を信じる者が増している

多くの人が神の業の記録や

旧約聖書の神の言葉を神話や物語として扱う


人は神の偉大さと威厳

存在と万物支配に関心を失った

快楽を求めて空しく生き

人の生存や国家民族の命運など意味がなく

神がどこで働き

人の終着点をどう支配し采配するか

探求しない

文明は人の望みを満たせない

この世界で生きる人は死んだ人より不幸だと感じ

かつて高度な文明があった国の人でさえ

今や悲しみを訴える

神の導きがなければ

支配者や社会学者が文明を保とうとしても

役に立たず

空虚な心を埋められない

誰も人のいのちにはなれず

社会理論も人を空虚さから自由にできない


『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より編集

前へ: 全能者の超越性と偉大さ

次へ: 神のいのちの施しが人類には必要

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索