766 神を愛する者の座右の銘

1 終わりの日に神がどのような働きを成し遂げるのか、また肉において降臨し、人と禍福を共にするため、神が極度の恥辱に耐えてきたのはなぜか、今日に至るまで多くの人が知らずにいる。神の働きの目標から、終わりの日に対する神の計画の目的に至るまで、人間はこれらのことについて完全に闇に包まれている。神が人に求める入りについて、人々はいつもなまぬるく曖昧であり、そのため、肉における神の働きにこの上ない困難がもたらされた。誰もが障害物になり、今日に至るまでいまだに理解していないかのように思われる。そのため、まずは神が人に行なう働きと、神の差し迫った意図について話し合うべきだと思う。その目的は、あなたがた全員を神の忠実なしもべとし、ヨブにならって、神を拒絶するくらいならむしろ死を選んであらゆる恥辱に耐える者、またペテロのように自分の存在のすべてを神に捧げ、終わりの日に神が得る、神と心を通わせる者にすることである。

2 父なる神の心がすぐに安息を享受できるよう、兄弟姉妹たちがみな、神の天なる旨に全力を注ぎ、自分の一切を捧げ、神の家における聖なるしもべとなり、神から授けられる無限の約束を享受するように。「父なる神の旨を成就する」が、神を愛するすべての人のモットーとなるべきである。これらの言葉は人の入りの指針、人の行動を導く羅針盤として役立つべきである。これが、人がもつべき決意である。地上における神の働きを余すところなく終わらせ、肉における神の働きに協力すること、これこそが人間の本分であり、いつの日か神の働きが完了し、受肉した神が天なる父のもとへ早々と戻る中、人は喜んで別れを告げるようになるだろう。これが人の果たすべき責任ではないのか。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(6)」より編集

前へ: 765 神の働きを経験し神の愛らしさを発見しなさい

次へ: 767 神を信じていながら愛さないのは無駄な人生

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索