241 終わりの日のキリストを否定することは聖霊を冒涜する

1

神を真に信じる人々が命を得られるよう

キリストは終わりの日に現れた

キリストが為した業により

旧い時代は終わり、新しい時代が来た

これは新しい時代に入る者が皆選ぶべき道である

神を認められず

むしろ神を非難し 冒涜し迫害するなら

あなたは永遠に火で焼かれることになり

決して神の国には入れない

キリストは聖霊と神の表れ

また神が業を地上で為すよう委ねた方

だから終わりの日にキリストが為した事を

受け入れられないなら

それは聖霊を冒涜することだと神は言う

そして、その時受ける報復は全ての者に明らかだ

2

終わりの日のキリストにあえて逆らい否定するなら

その結果を負うのは他でもない

あなた自身だと神は言う

この日以来、神の承認を得る機会はない

自らを贖おうとしても

もう二度と神の顔は見られない

あなたが逆らっているのは人ではなく

否定しているのは

小さな存在ではなくキリストだからである

あなたはこの結果に気づいているか?

3

あなたが犯したのは小さな過ちではなく

忌むべき犯罪なのである

だから真理の前に牙を剥きだしたり

軽率な批判をしたりしてはならない

真理だけがあなたに命を与え

生まれ変わらせ、神の顔を見るようにするからだ

『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」より編集

前へ: 240 終わりの日のキリストを見捨てる者は永遠に罰を受けるだろう

次へ: 242 終わりの日のキリストを拒絶することは聖霊を冒瀆すること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索