神への信仰の格言

神への信仰の根本的な基礎は

毎日御言葉を読むことであり

信仰の日課は

神に祈り 自らを省みることだ

信仰の焦点は真理を実践して

行動に原則を持つことであり

持つべき良心は忠実に本分を尽くし

神の委託を遂げることだ

救いの道は真理を求め

神の働きに従うことで

信仰の基本的な課程は

裁きと刑罰 刈り込みと取り扱いを

受け入れることだ


神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は誠実で高潔である

神を愛し神に尽くせば

後悔することはない

神を愛する人だけが

神を礼拝し証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない


神への信仰の根本的な現実は

真理の現実に入り 誠実になることで

最高の実践原則は

真理に従うことを使命にすることだ

信仰の失敗は人に従い 人を崇め

人の支配下に陥ることであり

信者は神を裏切ったり抵抗しないということを

覚えておくべきだ

神への信仰における生涯の道は

神を畏れ悪を避けることであり

最終的な目標は神を知り証しすることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は誠実で高潔である

神を愛し神に尽くせば

後悔することはない

神を愛する人だけが

神を礼拝し証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

前へ: 

次へ: 私はやっと神を愛することができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索