神への信仰の格言

神への信仰の根本的な基礎は

毎日御言葉を読むことであり

信仰の日課は

神に祈り 自らを省みることだ

信仰の焦点は真理を実践して

行動に原則を持つことであり

持つべき良心は忠実に本分を尽くし

神の委託を遂げることだ

救いの道は真理を求め

神の働きに従うことで

信仰の基本的な課程は

裁きと刑罰 刈り込みと取り扱いを

受け入れることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は誠実で高潔である

神を愛し神に尽くせば

後悔することはない

神を愛する人だけが

神を礼拝し証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

神への信仰の根本的な現実は

真理の現実に入り 誠実になることで

最高の実践原則は

真理に従うことを使命にすることだ

信仰の失敗は人に従い 人を崇め

人の支配下に陥ることであり

信者は神を裏切ったり抵抗しないということを

覚えておくべきだ

神への信仰における生涯の道は

神を畏れ悪を避けることであり

最終的な目標は神を知り証しすることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は誠実で高潔である

神を愛し神に尽くせば

後悔することはない

神を愛する人だけが

神を礼拝し証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

前へ: 

次へ: 私はやっと神を愛することができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索