時代が変われば神の業も変わる

終わりの日 「言葉は肉となる」ということが

神によって達成されるということ

それは主なる事実である

地上での実際の働きを通して

神は人が神を知り 神と関わり

人に神の実際の業を見るようにさせる

時に神はしるしや奇跡を行うが

そうしない時もあることを人にはっきり見せる

これはその時代によるのである

神にはしるしや奇跡を現す力があることを示しているが

業や時代によって神はその働き方を変える

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある

神は今の段階の働きでは

しるしや奇跡を現さない

イエスの時代には現したが

それは今の働きと違ってたからだ

今 神はその業を行わないので

神にはそれができない

彼は神ではないと考えることは誤りではないか?

神はしるしや奇跡を現すことが出来るが

神は違う時代に働いてるので

そのような業はしないのだ

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある

神の働き方を通して人は神を知るようになる

この認識が神への信仰

つまり神の働きと業への信仰を人の中に創りだす

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 神の業は前進し続ける

次へ: 神は新しい時代に新しい働きをもたらす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索