時代が変われば神の業も変わる

終わりの日 「言葉は肉となる」ということが

神によって達成されるということ

それは主なる事実である


地上での実際の働きを通して

神は人が神を知り 神と関わり

人に神の実際の業を見るようにさせる

時に神はしるしや奇跡を行うが

そうしない時もあることを人にはっきり見せる

これはその時代によるのである

神にはしるしや奇跡を現す力があることを示しているが

業や時代によって神はその働き方を変える

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある


神は今の段階の働きでは

しるしや奇跡を現さない

イエスの時代には現したが

それは今の働きと違ってたからだ

今 神はその業を行わないので

神にはそれができない

彼は神ではないと考えることは誤りではないか?

神はしるしや奇跡を現すことが出来るが

神は違う時代に働いてるので

そのような業はしないのだ

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある


神の働き方を通して人は神を知るようになる

この認識が神への信仰

つまり神の働きと業への信仰を人の中に創りだす

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 神の働きは言葉を通して成し遂げられる

次へ: 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索