神の名前は決して変わらないとあえて主張するのか

神の名は不変というが

何故「ヤーウェ」が「イエス」になったのか?

メシアが来ると預言されたが

何故イエスという人が来て

神の名が変わったのか?

神は新たな業が出来ないのか?

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

変わらない


過去の業は変えられる

イエスの業はヤーウェから続き

他の業がイエスに続き

ヤーウェの名がイエスに変われるなら

イエスの名も変われるのではないか?

おかしくはない

人の思考が単純なだけ

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない


神はイエスとしか呼べないと思うなら

知識が狭い

イエスが永遠に変わらぬ神の名だと

律法の時代を終わらせたイエスの名が

最後の時代も終わらせると言うのか?

イエスの恵みが時代を終わらせると誰が言えるのか?

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

変わらない

変わらない


『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神が地上で願う唯一のこと

次へ: 神を知らない人は神に敵対する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする神…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索