神の名前は決して変わらないとあえて主張するのか

神の名は不変というが

何故「ヤーウェ」が「イエス」になったのか?

メシアが来ると預言されたが

何故イエスという人が来て

神の名が変わったのか?

神は新たな業が出来ないのか?

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

変わらない


過去の業は変えられる

イエスの業はヤーウェから続き

他の業がイエスに続き

ヤーウェの名がイエスに変われるなら

イエスの名も変われるのではないか?

おかしくはない

人の思考が単純なだけ

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない


神はイエスとしか呼べないと思うなら

知識が狭い

イエスが永遠に変わらぬ神の名だと

律法の時代を終わらせたイエスの名が

最後の時代も終わらせると言うのか?

イエスの恵みが時代を終わらせると誰が言えるのか?

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

神はいつも神

業と名が変わっても

性質と知恵は変わらない

変わらない

変わらない


『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神は異なる名前で異なる時代を表す

次へ: 被造物が神の名前を決められるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索