第八十章

啓示と照らしが与えられるためには、すべてのことはわたしとのほんとうの交わりを要する。さらに、これを通してのみ、霊は平安であることができる。そうでなければ、霊は平安ではないだろう。今、あなたがたの中にある最も深刻な病は、わたしの普通の人性をわたしの完全な神性から分離することである。あたかもわたしが完全な神性も持っていることをまったく知らないかのように、あなたがたの大部分はわたしの普通の人性ばかり強調する。これはわたしを冒涜することである。あなたがたは分かるだろうか。あなたがたの病は実に深刻なので、あなたがたは、急いで回復しないなら、わたしの手によって殺されるだろう。わたしの面前ではあなたがたは一様にふるまうが(立派な人間らしく見え、謙虚で忍耐強い)、わたしの背後ではまったく違うふるまいをする(ひたすら偽善的で、自堕落で、自制心がまったくなく、自分のやりたい放題行ない、徒党を組み、独立王国を築き上げ、わたしを裏切ろうと望んでいる)。あなたは盲目だ。サタンに惑わされてきたあなたの目を開きなさい。わたしが本当に誰であるのかを見なさい。あなたは恥知らずである。あなたはわたしの行為がいかに驚くべきものであるのか知らない。あなたはわたしの全能性を知らない。キリストのために奉仕するが救われていないとは、いったい誰のことを言っているのだろうか。あなたは、自分がどんな役割を果たしているのか知らない。あなたは実際、自分の魅力を見せびらかして、偽装してわたしの前に来る。なんと哀れなことか。わたしはあなたをわたしの家から追い出す。わたしは、予め定めず、選ばなかったので、この種の人間は用いない。

わたしはわたしが言うことを行う。悪を行う者は恐れてはならない。わたしは誰をも不当に扱わない。わたしはいつもわたしの計画に従って行動し、わたしの義によって行動する。悪を行う者たちは創造以来、サタンの子孫なので、わたしは彼らを選ばなかった。これは「豹は自分の斑点を変えることはできない」ということの意味である。人類が理解できない事柄については、わたしにとっては、すべてが明らかにされており、何も隠されてはいない。おそらく、あなたは、少数の人々の目からは何かを隠すことができ、多くの人々の信頼を得るかもしれないが、わたしに対して同じ事をするのは、そう簡単ではない。最終的には、あなたはわたしの裁きから逃れることはできない。人間の視野は限られている。そして、現代の状況のほんの一部でも理解できる者たちは、多少の能力を持っている者と見なされる。わたしにとっては、すべてが順調に進み、ほんの少しでもわたしの道を妨げるものは何もない。すべてはわたしの支配と采配の下にあるからである。わたしの支配に服従しない者は誰か。わたしの経営を邪魔する者は誰か。あえてわたしに不実であろうとする者、またはわたしに親不孝しようとする者は誰か。わたしに真実ではないことを告げ、嘘八百を並べる者は誰か。彼らのうちの一人としてわたしの怒りの手から逃れることはない。たとえあなたが今降参して、進んで刑罰を受け、底なしの穴に入ろうとしても、わたしはそう簡単にはあなたを容赦しない。あなたが逃げ込んだ所を見て、わたしは底なしの穴からあなたを引き上げ、あなたはもう一度わたしの怒りの罰(極限まで憎み尽くし)を受けることになるのだ。わたしが最も憎むことは、わたしの普通の人性をわたしの完全な神性から分離することである。

わたしに忠実である者たちは幸いである。つまり、わたしのことを綿密に人間の心を調べる神自身として認識する者たちは幸いである。そしてわたしは必ずやあなたの祝福を幾倍にもし、わたしの国で素晴らしい祝福を永遠に享受させる。またこれはサタンに恥をもたらす最も効果的な方法でもある。しかしながら、あまりにも性急になったり、心を騒がせたりしてはならない。すべてのことにはわたしが定めた時間がある。わたしが予め定めた時間が来ないなら、たとえそれが一秒前であれ、わたしは行動しない。わたしは理由もなく行動することはなく、正確にリズムに応じて行動する。人類に対してわたしは心配しておらず、泰山のように安定している。しかしあなたは、わたしが全能なる神自身だということを知らないのか。あまりにも性急になってはならない。すべてはわたしの手の中にあるのだ。すべてのことはずっと昔から準備されており、それらのものはわたしのために奉仕したくてたまらない。外側から見れば、全宇宙世界は混沌としているように見えるが、わたしの視点から見れば、それは秩序正しいのだ。わたしがあなたがたのために用意したものは、あなたがただけが楽しむためのものである。あなたがたはこのことに気づいただろうか。わたしの経営に干渉してはならない。わたしはわたしの行為から、万国万民にわたしの全能性を見せ、わたしの驚くべき業のためにわたしの聖なる名を誉め讃えさせる。なぜなら、わたしが行うことにはすべて根拠があり、あらゆることがわたしの知恵と力、わたしの義と威厳、そして何よりも、わたしの怒りで満たされているからである。

わたしの言葉を聞いてすぐに目覚めた者たちは、必ずわたしの祝福を受け、必ずやわたしの加護と気遣いを受ける。刑罰の苦しみを経験することはなく、むしろ家族の幸せを楽しむだろう。あなたはこのことを知っているか。苦しみは永遠であるが、喜びはもっと永遠である。それら両方は、今から経験される。あなたが苦しむか、それとも喜びを体験するかは、あなたが自分の罪を認める中でどのような態度をもっているかで決まる。あなたがわたしによって予め定められ選ばれた者たちの一人であるかどうかは、あなたが言ったことに照らし合わせて確信を得るべきである。あなたは、人々を欺くことはできるが、わたしを欺くことはできない。わたしが予め定め選んだ者たちは、今から大いに祝福されるだろう。わたしが予め定めも選びもしなかった者たちは、今からわたしに厳しく懲らしめられる。これは、あなたがたへのわたしの証明になるであろう。今祝福されている者たちは、間違いなくわたしに愛されている人々である。懲らしめられている者たちは、言うまでもなく、予め定められも選ばれもしなかったのだ。あなたは、このことを明確にすべきである。すなわち、今あなたが受けているのがわたしの取り扱いであり、わたしの厳しい裁きの言葉であるなら、あなたはわたしの心の中で憎まれ、嫌われおり、あなたはわたしによって捨てられる者となるだろう。あなたがわたしの慰めとわたしのいのちの施しを受けるなら、あなたはわたしのものであり、あなたはわたしに愛されている者の一人である。あなたは、わたしの外観に基づいて、これを断定することはできない。このことで正気を失ってはならない。

わたしの言葉は、一人ひとりの実際の状況に話しかける。あなたがたは、わたしがただ思いつきで話題を並べるとでも思っているのか。気分に任せて話すとでも思っているのか。絶対に違う。わたしの一つひとつの言葉の中にはわたしの知恵が隠されているのだ。ただわたしの言葉が真実であることを信じなさい。間もなく、真の道を探し求めている外国人たちが入って来るだろう。その時になれば、あなたがたは言葉を失って、すべてのことが何の困難もなく達成されるだろう。あなたがたはわたしが全能なる神であることを知らないのか。あなたがたは、わたしの言葉を聞いて、揺るぎなく信じるのではないか。わたしは間違ったことをしない。まして、間違ったことを述べることなどはない。あなたがたはそれを知っているか。したがって、彼らを導き牧養するよう、あなたがたがわたしの訓練をすぐに受け入れることをわたしは繰り返し強調してきたのだ。あなたがたはそれを知っているか。あなたがたを通して、わたしは彼らを完全にする。さらに重要なのは、あなたがたを通して、わたしはわたしの膨大なしるしと不思議な業を表す。つまり、人類によって見下されている者たちの中から、わたしは、わたしを表し、わたしの名に栄光を帰し、わたしのためにすべての責任を負い、わたしと共に王として統べ治める一群の人々を選んだのである。したがって、わたしが今あなたがたを訓練しているということは、世界の最も大いなる経営である。これは人類には成し遂げることができない驚くべきことである。あなたがたを完全にすることによって、わたしはサタンを火と硫黄の池に、そして底なしの穴に投げ込み、赤い大きな竜を、二度と立ち上がらないように、完全に死の中へ投げ込むであろう。したがって、底なしの穴に投げ込まれる者はみな赤い大きな竜の子孫である。わたしは彼らを極度に憎む。わたしがこれをもたらしたのだ。あなたがたにはそれが分からないのか。不実な者、曲がった事や欺瞞を行う者は皆暴露された。自分を誇る者、うぬぼれ者、独善的な者、厚かましい者は、大天使の子孫であり、サタンの最も典型的な者たち──すべてわたしの宿敵、わたしに逆らう者たちである。わたしの心の中の憎しみの火を消すために、わたしは彼らを一人ずつ罰しなければならない。わたしは項目ごとにこれを行い、項目ごとに解決する。

さて、火と硫黄と池と底なしの穴とはいったい何であるのか。人間の想像の中では、火と硫黄の池は物質的なものであるが、人類はこれが非常に誤った説明であることを知らない。しかしながら、それはまだ人類の心の中で一定の位置を占めている。火と硫黄の池とは人類に刑罰を下すわたしの手のことである。火と硫黄の池に投げ込まれる者は誰でも、わたしの手によって殺されている。これらの人々の霊、魂、体は永遠に苦しんでいる。これは、すべてがわたしの手の中にあるとわたしが言ったことの本当の意味である。そして、底なしの穴とは何を意味しているのか。人間の概念では、それは終りがなく計り知れないほど深い大きな奈落であると思われている。ほんとうの底なしの穴とはサタンの影響のことである。もし人がサタンの手の中に落ちるなら、その人は底なしの穴の中にいる。たとえ翼が生えたとしても、彼らはそこから飛び出すことができないだろう。それ故、それは底なしの穴と呼ばれているのだ。これらの人々は皆、永遠の懲罰を受けることになるだろう。わたしがそれをこのように定めたのだ。

前へ: 第七十九章

次へ: 第八十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働き、神の性質、そして神自身 3

これまで数回の交わりは、あなたがた一人ひとりに大きな影響を与えてきました。いま、人々は神の真の存在と、実際には神が人と極めて近しいことを、ようやく実感できるようになったのです。人々は長年にわたり神を信じてきたかもしれませんが、神の思いと考えを現在ほど深く理解したことはなく、また神…

神の働きと人の働き

人の働きのうちどのくらいを聖霊の働きが、どのくらいを人の経験が占めているのか。今でさえ、人はこれらの問題を理解していないと言えるかもしれないが、その理由は人が聖霊の働きの原則を理解していないからである。わたしが「人の働き」と言うとき、聖霊の働きを持つ人の働き、あるいは聖霊に用いら…

神の働きのビジョン(2)

悔い改めの福音は恵みの時代に宣べ伝えられ、人は信じる限り救われると説いた。現在では、救いの代わりに征服と完全にすることだけが語られる。誰かが信じればその人の家族全体が祝福されるとか、いったん救われればいつまでも救われるなどといったことは決して言われない。今日では誰もこのような言葉…

働きと入ること(9)

凝り固まった民族的伝統と精神的姿勢が、純粋で子供のような人間の心に影を落として久しい。あたかも感情や自我の意識がまったく欠如しているかのように、それらは人間性のかけらもなく人の魂を攻撃してきた。これら悪魔のそうしたやり方は極めて残忍であり、まるで「教育」と「育成」が、魔王が人間を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索