神は大きな屈辱に耐えて人間を救う

人間と神は根本的に似ておらず、二つの異なる領域で生きています。人間は神の言葉を理解できず、ましてや神の考えを知りません。神だけが人間を理解しており、人間が神を理解するのは不可能です。それゆえ、神は肉となり、人間と同類になり、人類を救うためにとてつもない恥辱と苦痛に耐えなければならないのです。それによって人類は神の働きを理解し、知ることができるのです。神はなぜ常に人間を救い、決して諦めないのでしょうか。それは神の人間への愛ゆえではないのですか。神は人類がサタンによって堕落させられるのを見ており、そのままにしたり諦めたりするのは耐えられません。神はそれゆえ経営(救いの)計画を持っています。


それが人々の想像する通りで、立腹した神が即座に人類を滅ぼすなら、人間を救うべくこのように苦しむ必要はないでしょう。そして神の愛が少しずつ人類によって発見され、すべての人々に知られるようになるのは、まさに神の受肉が被る苦痛のためなのです。神が今そうした働きを行わなければ、人々は天に神がいて人類を愛していることしか知らないでしょう。もしそうなら、それは教義に過ぎず、人々は神の真の愛に気づくことも経験することも決してできません。


神が肉において働きを行なうことでのみ、人々は神について真の理解を得ることができるのです。この理解は漠然としたものでも空虚なものでもなく、人が口先だけで同意するような教義でもありません。むしろ、まさに現実的な理解です。なぜなら神が人間に与える愛には実質的な恩恵があるからです。イエスが人に与えた愛はどれほど大きなものでしたか。イエスは堕落した人類に代わって十字架にかけられ、罪の捧げ物となりました。十字架にかけられる瞬間まで、人類の贖いの働きを完成させていたのです。その愛は限りなく、神が行なった働きは極めて有意義なものです。


『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 神が人の痛みを経験することには深い意義がある

次へ: 最も人を愛するのは神だけである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索