877 神は大きな屈辱に耐えて人間を救う

1 人間と神は根本的に似ておらず、二つの異なる領域で生きています。人間は神の言葉を理解できず、ましてや神の考えを知りません。神だけが人間を理解しており、人間が神を理解するのは不可能です。それゆえ、神は肉となり、人間と同類になり、人類を救うためにとてつもない恥辱と苦痛に耐えなければならないのです。それによって人類は神の働きを理解し、知ることができるのです。神はなぜ常に人間を救い、決して諦めないのでしょうか。それは神の人間への愛ゆえではないのですか。神は人類がサタンによって堕落させられるのを見ており、そのままにしたり諦めたりするのは耐えられません。神はそれゆえ経営(救いの)計画を持っています。

2 それが人々の想像する通りで、立腹した神が即座に人類を滅ぼすなら、人間を救うべくこのように苦しむ必要はないでしょう。そして神の愛が少しずつ人類によって発見され、すべての人々に知られるようになるのは、まさに神の受肉が被る苦痛のためなのです。神が今そうした働きを行わなければ、人々は天に神がいて人類を愛していることしか知らないでしょう。もしそうなら、それは教義に過ぎず、人々は神の真の愛に気づくことも経験することも決してできません。

3 神が肉において働きを行なうことでのみ、人々は神について真の理解を得ることができるのです。この理解は漠然としたものでも空虚なものでもなく、人が口先だけで同意するような教義でもありません。むしろ、まさに現実的な理解です。なぜなら神が人間に与える愛には実質的な恩恵があるからです。イエスが人に与えた愛はどれほど大きなものでしたか。イエスは堕落した人類に代わって十字架にかけられ、罪の捧げ物となりました。十字架にかけられる瞬間まで、人類の贖いの働きを完成させていたのです。その愛は限りなく、神が行なった働きは極めて有意義なものです。

『終わりの日のキリスト講話集』「人類に対する神の愛を認識しているか」(『言葉』第3巻)より編集

前へ: 876 神が人の痛みを経験することには深い意義がある

次へ: 878 神の働きのすべての段階は人のいのちのため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索