神を愛する時代に入る

受肉した神、人の子がいる

愛で何百万の人の心を覚ます

神の民全ての最愛の方

彼を真に愛したいと思わぬのは誰か?

彼は天国への道を人のため整え

キリストの御国が地にやって来た

皆、終わりの日のキリストを礼拝するために来る

全能神の愛に我々は皆喜ぶ

神は語り、人を導く

御言葉によって、人を清める

もう悲しみも涙もない

人は神の国の時代に入る

神を愛する時代へ

真理を得たいなら、御言葉を読み

心から神を愛し、真心と全てを捧げ

しっかりと本分を尽くせ

これら全て、神を満足させるためにせよ

神は語り、人を導く

御言葉によって、人を清める

もう悲しみも涙もない

人は神の国の時代に入る

神を愛する時代へ

神を愛するため

御心を思い 完全に献身するべきだ

真理の現実性と真の人間らしさを生きれば

神の愛と祝福を受けれる

神は語り、人を導く

御言葉によって、人を清める

もう悲しみも涙もない

人は神の国の時代に入る

前へ: 心のふれあいの歌

次へ: あなたが私の前に現われる時 あなたの笑顔を歓迎しま

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索