キリストの本質は愛である

人間にとって、キリストの本質は愛である。キリストに従う者にとって、それは無限の愛である。もしキリストに愛も憐みもなければ、人はいまなおキリストに従ってはいないだろう。

受肉した神が人類に行う働きの中で、最も明白で卓越した神の本質は愛である。それは無限の寛容である。神の本質が愛でなく、あなたがたの想像するようなものであったら、つまり神が自ら好む者を打ち倒し、自ら憎む者を懲罰し、呪い、裁くなら、神はあまりに厳しいはずだ。神が人に怒りを覚えるたび、人は恐怖に震えて神の前で立つことができないとあなたがたは考える……それは神の性質の一面に過ぎない。最終的に、神の目標はやはり救いである。神の性質の明示には、残らず愛が流れている。。

肉において働く間、神が人に最も明らかにするのは愛である。忍耐とは何か。忍耐とは内なる愛ゆえに憐れみをもつことであり、その目的はやはり人を救うことである。神には愛があるので、人に憐れみをもつことができる。神に憎しみと激しい怒りしかなく、裁きと刑罰を下すだけで人に何の愛ももたなければ、状況はいま見ているものと違い、厄災があなたがた人間に降りかかるだろう。神はあなたがたに真理を施すだろうか。刑罰と裁きを受けた後に呪われるなら、その人は完全に終わりである。では、人類がいまも存在しているのはどういうことだろう。

神の憎しみと怒りと義はすべて、この一群の人々の救いを基礎として表わされる。その性質には愛と憐みに加え、極めて強い忍耐も含まれる。その憎しみには、他に選択肢がないという感覚、そして神の人間に対する限りない憂慮と期待も含まれるのである。神の憎しみは人類の堕落と反抗心と罪に向けられているが、それは一方的な見方であり、愛を土台にしている。愛があって初めて憎しみもあるのだ。神の人類に対する憎しみはサタンへの憎しみとは違う。神は人を救うが、サタンを救うことはないからである。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 人を救うからには神は人を完全に救う

次へ: 神は神が救う者たちのことを最も気に掛ける

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索