神が行うすべてのことは義である

1. 神についての認識とは、人間のものの見方をもとに、神とはどのようなものかを言うことではありません。人間のものの見方の中に真理はないのです。神の本質は何か、神の性質は何かを、あなたは理解する必要があります。神が行なったこと、あるいは神が取り扱ったことの結果として生じる表面的現象をもとに、神の本質を見てはなりません。神の性質は義であり、神は万人を平等に扱います。そのことは、義人は試練を経る必要がないとか、守られる必要があるということを意味するのではありません。そのようなことではないのです。神には人を試練に晒す権利があります。これが神の義なる性質の表われです。神には自身の思い通りにする権利があり、またそのようにしない権利もあります。これらのことを自分で処理する権利があり、神自身の性質は義なのです。

2. 義は決して公平や合理性などではありません。それは平等主義でもなく、あなたがどれほど多くの働きを済ませたかに応じて、あなたが受け取るべきものを割り当てることでも、あなたが行なった働きがなんであれ、それに報酬を支払うことでも、あなたの努力に応じてしかるべきものを与えることでもありません。それは義ではありません。ヨブが神の証しをしたあと、神がヨブを淘汰したことを考えなさい。神はそのときも義だったはずです。これが義と呼ばれるのはなぜですか。何かが人の観念に合っていれば、神は義であると言うのはずっと簡単です。しかし、それを自分の観念に合うものと見なさず、それが自分には理解できないものであれば、神は義であると言うのはとても難しくなるでしょう。神の本質は義です。神の業を理解するのは簡単ではありませんが、神が行なう一切のことは義です。単に人々が理解していないだけなのです。

3. 神がペテロをサタンに与えたとき、ペテロはどう答えましたか。「あなたがなさることは人には理解できませんが、あなたがなさるすべてのことにはあなたの善意が含まれています。そのすべてに義があるのです。あなたの賢明なわざをほめたたえずにいられるでしょうか」神が行なう一切のことは義です。あなたはそのことを理解できないでしょうが、自分勝手に判断してはいけません。神の行なうことが理不尽に見えたり、それについて観念を抱いたりするなら、神は義でないとあなたは言います。つまり、あなたこそ極めて理不尽なのです。ペテロは理解できないことに出会ったものの、そこに神の知恵があること、神の善意がその中にあることを確信していました。人間がすべてを理解することはできず、あまりに多くの理解できないことがあります。神の性質を知るのは、本当に簡単なことではないのです。


『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: ペトロの道をたどる方法

次へ: 真理を追い求めなければパウロの道を歩む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索