神を愛するには神の愛らしさを体験しなければならない

神を畏れる心で神を信じ

言葉を経験すれば

救いと愛を得るだろう

彼らは真理を生き

神とその存在と性質を証しでき

神の愛の中で生きる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう

人を強いることも

文字や想像力で神を愛させることもなく

進んで愛すようにさせる

神は愛らしさを言葉と働きの中で見せたので

神への真の愛が生まれる

こうすることで人は神を真に証しでき

急かされ感情的に神を愛しはしない

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう

神の愛らしさを見て

愛するに値することが分かって神を愛する

神の救い、知恵、奇しい業を見て

神を讃え、慕い、神なしでは

生きられないという情熱が

彼らの中にかき立てられる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう

Oh〜 忠実に神に尽くすだろう

『言葉は肉において現れる』の「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」より編集

前へ: 神の愛を実生活で味わなければならない

次へ: 神の働きを経験し神の愛らしさを発見しなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索