神を愛するには神の愛らしさを体験しなければならない

神を畏れる心で神を信じ

言葉を経験すれば

救いと愛を得るだろう

彼らは真理を生き

神とその存在と性質を証しでき

神の愛の中で生きる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう


人を強いることも

文字や想像力で神を愛させることもなく

進んで愛すようにさせる

神は愛らしさを言葉と働きの中で見せたので

神への真の愛が生まれる

こうすることで人は神を真に証しでき

急かされ感情的に神を愛しはしない

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう


神の愛らしさを見て

愛するに値することが分かって神を愛する

神の救い、知恵、奇しい業を見て

神を讃え、慕い、神なしでは

生きられないという情熱が

彼らの中にかき立てられる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう

Oh〜 忠実に神に尽くすだろう


『言葉は肉において現れる』の「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」より編集

前へ: 長年の信仰から何かを得たか

次へ: 神はこの一団の人々を完成させようと決心していた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索