神を愛するには神の愛らしさを体験しなければならない

神を畏れる心で神を信じ

言葉を経験すれば

救いと愛を得るだろう

彼らは真理を生き

神とその存在と性質を証しでき

神の愛の中で生きる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう


人を強いることも

文字や想像力で神を愛させることもなく

進んで愛すようにさせる

神は愛らしさを言葉と働きの中で見せたので

神への真の愛が生まれる

こうすることで人は神を真に証しでき

急かされ感情的に神を愛しはしない

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう


神の愛らしさを見て

愛するに値することが分かって神を愛する

神の救い、知恵、奇しい業を見て

神を讃え、慕い、神なしでは

生きられないという情熱が

彼らの中にかき立てられる

神を愛したいなら

神の愛らしさを

感じて見なければならない

初めて神を愛する心が目覚め

忠実に神に尽くすだろう

Oh〜 忠実に神に尽くすだろう


『言葉は肉において現れる』の「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」より編集

前へ: 神の愛を実生活で味わなければならない

次へ: 神の働きを経験し神の愛らしさを発見しなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索