神の言葉を経験して人は神を知る

神が所有するもの、神の存在そのもの、神の本質、神の性質――これら全ては神の言葉の中で人間に知らしめられている。神の言葉を体験する時、人間は、神の言葉を実行する過程において、神が語る言葉の背後にある目的、神の言葉の根源と背景を理解し、神の言葉の意図されている効果を理解し察するようになる。これらの事は全て、真理といのちを獲得し、神の意図を把握し、性質が変えられ、神の支配と采配に服従できるようになるために、人間が経験し、把握し、獲得しなければならないものである。これらのことを経験し、把握し、獲得すると同時に、人間は徐々に神を理解し、その時、様々な度合いで神に関する認識を獲得するようにもなる。

そして神の言葉を理解し、経験し、感じ、確証することにより神に関する真の理解と認識を得る過程こそが、まさしく人間と神との真の交わりとなるのである。こうした交わりのなかで、人間は神の意図を真に理解し、把握し、神の所有するものと神の存在そのものを本当に理解し、知るようになり、神の本質を真に理解し、知り、神の性質を徐々に理解し、知るようになり、神があらゆる創造物を支配しているという事実についての真の確信と正しい定義に達し、神の身分と地位についての本質的な理解と認識を得る。逆に、神を思いやり、神に服従することがさらに多くなり、神に対する畏敬がより実際的で深遠なものとなるだろう。

こうした交わりのなかで、人間は真理の備えといのちのバプテスマを受けるだけでなく、それと同時に、神に関する真の認識を得るであろう。こうした交わりのなかで、人間は、性質が変えられて救いを得るだけではなく、同時に、被造物として神を畏敬し礼拝することを獲得するだろう。こうした交わりによってのみ、人間のいのちは成熟に向かって日々成長するのである。そして、その時初めて、人間の性質は次第に変えられ、神への信仰が徐々に漠然とした不確実なものから、真の服従と思いやりと、本当の畏敬へと変化し、また人間は、神を求める際、しだいに消極的な態度から積極的な態度へ、受け身の姿勢から能動的姿勢へと移行する。こうした交わりによってのみ、人間は神に関して真の理解と把握、真の認識に達する。

『言葉は肉において現れる』の「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」より編集

前へ: 神を知るには神の言葉を知らなければならない

次へ: 真に神を理解しているか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索